ブログ | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ 

2018年 5月 22日 高2生へ受験までの長期的視点

こんにちは!担任助手の荻原です!

今日は、高1、高2生に向けて、

長期的な視点での受験に関する話をします。

みなさんは、受験までかなりの時間があると考えていると思います。

だから、

「今日は、受講やらなくていいや〜」とか

「まあ東進行かなくてもいっか!」とか

「勉強たりぃ〜〜」とか

思うことが多いんだと思います。

でも、実は

みなさんに残された時間って意外と少ないんです!!!!!

それは、様々なデータによって示されているのですが、

高2生のセンター同日試験で、高い点数を取っている人の方が

合格率が格段に高いのをご存知ですか?

これが何を示しているのかというと、

並大抵の努力では、高3になってからの逆転は難しいということです!

高3スタート地点での差を受験の終わりまでに埋めるということは、

受験は地頭の差ではなく、勉強量、勉強時間の差と言われることからも

とても物理的にも簡単ではないため、このように言われています。

つまり!裏を返せば、大学に合格するためには

今から受験生並の努力をスタートして、

センター同日試験で良い点を取れるようにすればいいんです!

あと240日しかないですよ!

詳しいデータなどは今週のグループミーティングで示されると思います。

少しでも危機感を覚えたら、チャンスです。 今から、第一志望合格に向けて頑張っていきましょう!!!

     

東進北千住校公式Twitter↓

 

 

2018年 5月 21日 大学紹介Part2

こんにちは!

担任助手1年の岡納さくらです。

 

今回も私の通う首都大学システムデザイン学部についてお話したいと思います。

 

私の通う航空宇宙システム工学科ではその名の通り、航空宇宙に特化した勉強ができます。

 

人工衛星惑星探査流体系…など普段耳にすることのない単語が講義中にたくさん出てきます。

(その分レポートは大変です…)

周りの友達もこの分野に興味がある人しかいないのでとても話が盛り上がります!

 

1年の今も専門的な授業はあり、毎週その時間を楽しみにしています。

3年・4年生と学年が上がると日野キャンパスでさらに自分の好きな分野を深く勉強することが出来るようになります。

 

学部名、学科名ともに他に見ない珍しい名前ですが

講義や環境も他にないすばらしいところです!

学部名が気になっている人、

航空宇宙に少しでも興味のある人はどんどん声をかけてください!!

2018年 5月 21日 「成績を上げる」とは

こんにちは!

大野です!

久しぶりの更新になりますが

私事としては

4月に受けた

TOEIC

Reading & Listening Test

のスコアが返却されました。

前回は

820

今回の結果は…

770

そうです

ガクッと落ちてしまいました…

今回のブログは

生徒の皆さんのために

そして

自分のためにも

書いていきたいと思います。

テーマは

成績

定期テスト

模試

TOEIC

いろんな場面で

 

「試験」

 

が存在し

 

「成績」

 

がついてきます。

成績と言ったら

「上げたい」

「伸ばしたい」

のが普通ですよね。

今回はそれを上げるための

大野が考える

「成績向上ための4つの要諦」

をお話していきたいと思います。

※あくまで僕の見解です。

①成績向上を心から望む

動き出すには動機が重要になります。

 

なぜ、模試の成績を上げたいのか。

上げるとどんないいことがあるのか。

自分で納得していればなんでも構いません。

~センター試験本番レベル模試の成績の例~

A君「国立志望だから、センター試験は必須!

この模試で早い時期から高得点が取れていれば、

配点の高い二次試験の対策がスムーズにできるようになるぞ!

頑張ろう!」

Bさん「前回の模試で成績が上がったとき、お父さんお母さんも、

担任助手の先生もみんな褒めてくれてうれしかったなぁ。もっと上げて褒められたい!

がんばろう!」

②成績を伸ばすための努力をする【量の担保】

モチベーションが出てきたら

勉強量の確保です。

<長期的な目標>

いつまでに/期間(How long)

何を(What)

どのくらい(How much)

どうやって(How)

<短期的な目標>

量=時間×頻度

≒進捗

これを常にチェックしていこう。

~TOEICスコアアップの例~

大野君「次のTOEICまでにリスニングの3・4番の対策を問題集を使ってやろう!

今週は通学の電車往復3時間を4日で20ページ分しかできてないから足りないぞ…」

 

③成績を伸ばすための努力をする【質の担保】

間違った努力を継続しても成績はあがりません。

勉強のレベルが適切か、

ペースが適切か、

もっと効率の良い方法はないか探していきます。

~英語の成績向上の例~

B君「英語を基礎から頑張りたい!

まずは単語だ!高速基礎マスターの単語を

意味も、スペルも、発音記号も

毎日10個ずつ完璧にしていけば

半年でセンター試験レベルの単語は完璧だ!」

→実際は知らない単語をなくしていくために

スマホアプリ・PCを使って

1か月で完全習得を目指していくほうが効率的です。

④アセスメントを使って②③のチェック

と本番力を磨く

模試、テストなどは何回もあるはず。

試験時の自分の調子や、

問題の傾向、

これまでの学習方法がうまくいってるかを

チェックし、改善していく。

次回は1点数でも多く得点をあげるためには?を考えよう!

~センター試験本番レベル模試の成績向上の例~

C君「C組の授業と高速基礎マスターが定着したので

2番の成績は向上したけど、

長文はなかなか点数が上がらないなあ。

次は英語の勉強時間に音読を取り入れてみよう。

その分勉強時間(量)の確保が必要になるから、

朝は早起きしてべんきょうしなきゃなあ。」

いかがだったでしょうか。

この4つを意識して僕は受験勉強・

英語の勉強を行っていました。

今回TOEICのスコアが落ちたのは

まぎれもなく

②【勉強量】

の不足です。

①~④どの要素もかけてはなりません

一緒に頑張っていきましょう!

     

最後まで読んでくださり、

ありがとうございました!

2018年 5月 19日 大学紹介 Part2

こんにちは!上野美南です!

前回に引き続き今回も私の通っている早稲田大学文化構想学部について紹介したいと思います

文化構想学部は早稲田キャンパス(通称本キャン)ではなく文学部と同じ戸山キャンパスにあります

戸山キャンパスには前述した通り文学部と文化構想学部の2つの学部しかないので文キャンと呼ばれています

 

文キャンの特徴としては

まず女子が多い!!そしてみんな可愛い!!

所謂ワセジョと呼ばれるような見た目の女の子は少なくみんなお洒落に気を使ってるような子ばかりだったので、早稲田独特の雰囲気を想像していた私はとても驚きました

(ただ、みんなで空きコマに油そば、ラーメン、豚丼を食べに行く事もあるので見た目はキラキラしてても中身はワセジョです笑)

 

二つ目はキャンパスが白いし静か!!

徒歩5分程度しか離れていないのに、本キャンが沢山の人で賑わっていてワイワイガヤガヤしているのに対し文キャンでは騒いでいる人は少なくベンチに座って本を読んでいたり、課題をやっている人が多い印象です

 

そして三つ目は

文キャンにある全ての建物が繋がっている!!

これは先輩に教えて貰って初めて知りました!そして私が1番アピールしたい文キャンの特徴でもあります

戸山キャンパスには7つの建物があるのですが、それぞれが渡り廊下でどこかの建物と繋がっていて、雨の日でも傘を差さずに移動できます。この前の雨の日にも1日中傘を差さずに生活することができました!

 

早稲田大学に通いながらも違った雰囲気を楽しめる文化構想学部の事が気になった人は、オープンキャンパスなどの時に早稲田キャンパスだけでなく戸山キャンパスにも寄ってみてください!

2018年 5月 18日 大学学部紹介(Part2)

こんにちは!1年担任助手の伊波です。

今回も上智大学外国語学部について紹介します。

上智大学にはオープンキャンパスやソヒィア祭の他に高校生向けのイベントがあります。

私は高校生の頃に国際協力についてのイベントに参加して話を聴いてきました。

そこで国際協力と経済学との関係についての講義を受けたのですがとても面白く今でも記憶に残っています。

大学を知るにはイベントに参加するのも一つの手です!

次に外国語学部についてです。

授業が始まって一か月経つのですが、いばらのフラ語といわれる理由がわかった気がします。(ちなみに私はフランス語学科です)

新たな言語を一から習得するのは簡単ではないですが、それ以上に読めるようになったな、前よりも理解できてるなと感じる喜びのほうが大きいです。

今、英語で大変な思いをしている方も多いと思いますが、できた時の喜びをモチベに頑張るのもいいと思います!

過去の記事