ブログ | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ 

2017年 11月 19日 残り10%・・・??

こんにちは! 担任助手の井野です!

 

大学生になってからカメラの趣味を本格的に始めてみました!

 

先日羽田空港で撮ったものです!

みなさんも何か一つ趣味を持つと視野が広がりますよ!!

なぜ視野が広がるといいか・・・? そう思った人は過去の記事をみてみましょう!

さてさて本題に戻りましょう。

今日は今年も残るところあとわずか!ということについてお話したいと思います!

2017年はあと何日残っていると思いますか?

☆★☆

★☆★

☆★☆

答えは43日です!!

ピンとこない人(-_-;) いると思うので計算しておきましょう・・・

365日のうち43日というのはどれくらいの割合かというと・・・?

どうですか?ピンときましたね^^

目前のイベントとも照らし合わせてみると・・・?

12月センター模試(12/17) あと29

センター試験(1/13・14)   あと56

高3生は最後の追い込み

新高2・3生は新学年に向けて頑張っていると思いますが・・

全学年のみなさんに伝えたいことは焦らず、目前のことをやりきる!です!

今一度、自分の勉強を見直してみましょう。

どれからやるか、やらないのか、、

しっかり順位付けをして、分析しましょう!

焦っていろいろなことに手を出してしまうと、本質である基礎がおろそかになりがちです。

時間がない!急がなきゃ! 

                ・・・誰もがそう思います。こんな時期だからこその・・・

焦らず、目前のことをやりきる!ですよ!!

残り少ない2017年、43日をどう使うかは

日々の分析にかかっていますよ!

2017年 11月 17日 グループ長会議ついて

こんにちわ!

担任助手の板橋です!

最近寒くなってきて、風邪がまた流行って

来ますので受験生は注意してください!

 

さて、今日話すのは

グループ長会議」についてです

 

簡単に言うと、グループ長会議は

各グループミーティングのリーダーで話し合いをします!

その中でも話し合いをする上で積極性

持ってもらいたいと個人的には思っています

 

グループ長会議で夢・志の話や

東進のコンテンツについて話すことがありますが

これら全てにおいて自ら考え話し合いに参加

しないと先に進めません。

(というか、参加している意味が

なくなってしまうと思います。)

 

そもそも 

大学に行くことが自分が

やりたいことがあって行くもの

だと思いますので

そういう積極性を持って、

グループ長会議をやっていきましょう!!

2017年 11月 16日 大学の学園祭♪

こんにちは! 担任助手の五十嵐友香です!   最近は大学の中間テストに追われています笑 大学も中間テストあるんですよ!   さて!今日はそんな中間テストの前に大学で行なっていた学祭について話したいと思います!! 新高2年生や新3年生はどこかの学祭に行ったでしょうか? 行ったことない…という人! ぜひ行ってみてください!! まだ終わっていないところもあります! 学祭はオーキャンと違って、生徒の雰囲気や学校の特徴がよくわかりますし、何と言っても楽しいです!笑 私もこの間、早稲田祭に行って来ました! 日本一大きな学祭とも言われますが、こんなに人がいるんですよ! 面白い企画もたくさんありますし、美味しいものも食べられますし、芸能人にも会えます! 私はダンスをやっているので、いくつかダンスサークルの公演を見に行ったのですが その中の1つのサークルに富永担任助手がいました!!   みなさんも是非、学祭などに積極的に行って 志望校を決めるにあたって役立てたり 自分の大学生活への夢を膨らませてモチベーションを上げたり してみてください!  

2017年 11月 15日 過去問の効率よいやり方!

こんにちは!担任助手のイガラシです!

最近、寒くなってきましたね……そんな矢先にうちではなんと給湯器がこわれてしまい現在家でお湯が全く使えない状況です……

我が家ではいま寒い生活を強いられています……

いよいよ冬本番という感じですがみなさん過去問の進捗はいかがでしょうか?この時期は受講や苦手対策などやることが多くて大変ですがそのなかでもしっかりと計画的に過去問をすすめていくことはとても重要です!他のことで忙しい中でもしっかりと志望校の過去問にてをつけることで総合的な力がみにつきます。計画的にすすめていきましょう!

そこで今日は効率のよい過去問の解き方を紹介します!自分の学習の参考になればうれしいです!

まず、過去問をとくうえで気を付けてほしいのはむやみに難関大や全く手のでない問題をやたらに進めないことです。第一志望にしている大学の過去問の早く解きたい気持ちはわかりますが、この時期ではまだまだ解く前にまだまだ対策の余地があるのが普通です。

そのため、自分で第一志望の過去問を解くにはまだ早いなと感じたらまず、実力相応の大学の過去問、または最後まで解きれなくても70%くらいまでなら解ける過去問をえらんで解いていくことが次のステップへつなげるいい解き方だと思います。

しっかりと自分で勝負できる問題から解いていくことで自分の反省点や改善点を多く学べると思います。全く手のでない問題をといてもただ解答をみて理解はできますが、そこから演習するとなるとまた難しいと思います。またそういった場合、すこし違う問題が出たときに対応できず、総合的な力なかなかつきずらいです。

第一志望を見据えて勉強するのはとても大切ですが、まず自分のできるところから確実にすすめていきましょう!!

2017年 11月 14日 やりきりmath

こんにちは!

担任助手の吉井です。

私の大学にはいちょうの木がたくさんあり、風で葉っぱが散っていく様子はとてもきれいです!

さて、今日は11/4から始まった「やりきりmath」について紹介したいと思います。

「やりきりmath」とは、

センター数学ⅠAの点数をセンター同日体験受験で20点上げることを目標に

毎日計算トレーニングを積んでいくというものです。

20点上げるといっても、実際に実現するのはかなり大変なことです。

ですから、毎日「今日の1問」としてセンター試験の大問別演習をやり、

各自で高速基礎マスターの計算演習を活用して演習量を確保するという方法をとっています。

また、毎週土曜日に「やりきりmath会」を開き、担任助手と進捗状況を確認したり、友達同士でいいところを見つけて参考にしたりしています。

「やりきりmath」に参加している皆さんへ

毎日登校して、「今日の1問」・計算演習を進められていますか?

1日でもさぼってしまえば、そのつけは次の日にまわってきますよ!

継続は力なり

みんなで頑張っていきましょう!!

過去の記事