The early bird gets the worm! | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2021年 3月 28日 The early bird gets the worm!

こんにちは!担任助手三年目に突入する羽田です!

最近、自分が三年生になるという事があまり受け入れられず、入学式からの月日の早さに驚いています。

まさに光陰矢の如し。

さて、皆さん、ズバリ聞きます!

朝登校できていますか?

朝登校とは開館時刻の朝8:30〜9:00の間に登校する事です。

校舎の中でその時刻に来ている人たちは、ある日では全体の13%でした。

本当にそのままでいいのでしょうか?

今、北千住校では、春休みは仮想夏休み期間として、一日15時間の猛烈な勉強をして

4月模試でC判定以上を取ろうと奮闘していると思います。

しかし、朝登校もできない人が本当に4月模試で成功できるのでしょうか?

僕はその可能性は低いと感じます。なぜか。

それは単純に勉強時間を確保できないからです。

例えば、10時に校舎にきて閉館時刻までいたとしましょう。

校舎に居れる時間は11時間30分。目標とする15時間のためには3時間30分も足りません。

おそらく帰宅時刻は22時近いと予想すると、その勉強時間を取ろうとすると日付をまたいでしまいますよね。

では、朝登校をした生徒はどうでしょうか。

朝8時30分から閉館時刻まで勉強した場合、勉強時間は13時間。

帰宅後に2時間勉強したとしても日付を超えることはありません。

個人的には東進にくる1時間前に勉強、帰宅後に1時間、がオススメですが。

猛烈に勉強するということは、他の受験生が勉強をしないような時間や量をこなすということです。

皆さん、現在の意識で勉強している限り、それは猛烈な努力ではなく、平凡な努力です

その勉強量では到底C判定という逆転を果たせる確率は低いと考えます。

そして、朝登校で大事な側面がまだあります。

それは、今の時期が仮想夏休みであるということです。

夏休みになれば、多くの受験生たちは部活を引退したり、夏休みに入り授業がなくなったりと

自分の勉強の時間を大量に確保できる、大チャンスの期間です。

このアドバンテージを最大限活用する他ないですよね。合格のために。

夏休みに朝から来れないなんてことは起きてはなりません。

地道な努力を愚直にやり続けた人が合格する、当たり前ですよね。

では、夏休みに入ってから、今まで10時に来ていた生徒が朝登校できるでしょうか?

答えは、できません!

その時刻にくる事が習慣として身についてしまって、いきなり変えることは難しいです。

でも、今から朝登校の練習を始めたら、夏休みには朝登校ができて、しっかり勉強できる受験生になれると思いませんか?

そうしたら一歩合格に近づくと思いませんか?

自分も、第一志望校合格の大きな要因の一つに朝登校を継続した事があります!

朝が苦手、なかなか起きれない、などの質問があれば、ぜひ担任助手へ聞いてみてください!

皆さんが、本気で朝登校できるように私たちは応援しています!

朝から校舎で元気よく挨拶して、勉強に励みましょう!楽しみにしています!

 

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓