2月 | 2019 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ 2019年02月の記事一覧

2019年 2月 28日 先を見据えて

こんにちは。担任助手1年の齊藤です。

今僕が一番伝えたいことを伝えます。

それが、8月中に志望校別の過去問を10年分解くということです。

ビックリしませんか?

例年よりも1~2か月早いスケジュールになっています。

しかし、志望校別の過去問を解き始める前にセンターの過去問を10年分解かなくてはならない。

ここで、考えてみてください。いきなりセンターの過去問を解けるようになると思いますか????

ほとんどの人ができないと答えるのではないでしょうか?

苦手を克服し、得意分野を伸ばす。。。

これらによって過去問を解けるようにする。東進の過去問演習講座は大問別に演習ができることもあり、ピッタリです。

今後の予定について言いたいことは多数ありますが、まずは何よりinput=受講をすすめることが大切。

先を見据えて、逆算的に計画をたてていきましょう!

それでは。また、

2019年 2月 27日 私がセンター試験本番で英語を196点取った理由

担任助手2年の小林です!

合格報告会の記念すべき第1回目

が行われていましたね!

参加した生徒は自分で勉強しているだけでは得られない気づきが

たくさん出来たと思います。

ちなみに2年前に私も合格報告会で発表をしました。

その時話したのは、

受験生の夏休みに行っていた英語の勉強法です。

 

この話をした理由は、

夏休み前と夏休み後の1ヶ月半でセンター模試の英語の得点を

60点上げることが出来たからです。

 

夏休みまでには取得していた受講を全て終わらせて、

センター演習を10年分解くことは当たり前。

それ以外に私が夏休中にやっていたのは、

今井先生の長文の授業の復習です!!

(皆さん、

授業の確認テスト・修了判定テストは

しっかり復習してから受けていますか?

一回で確認テスト・修了判定テストで

SSを取れるかどうかで

模試の得点の伸びが変わってきますよ、、、!!)

 

毎日授業で扱った長文を、

今井先生に言われた通りに音読をしました。

その結果、

初見の長文はセンターでも私大の過去問でも

スラスラ読めるようになりました。

 

ちなみに文法の授業も今井先生を受けました。(D組・C組)

今井先生の文法の授業のメリットは、

①実際の入試問題を予習で解いてきて、

授業中に解説を行うスタイルであるため

自分の中で目的意識が持てる

 

②正解以外なぜ違ったかを文法・語法・構文の面

当てはまるものを全て教えてくれるので、

選択肢の消去法を学ぶことができる

 

③なによりも今井先生が面白く、

英語が楽しく感じる!!

↑↑重要↑↑

 

どうですか?

これを読んで

「今井先生の授業を受けてみたい」

と思ったそこのアナタ!

 

なんと3月20日(水)

東進ハイスクール北千住校で特別に生授業

を行います!!!

生授業は本当に滅多にない機会なので

迷っていたら参加するのが関の山です。

お申込みはお電話でもHPからでも

お気軽にどうぞ!

 

2019年 2月 25日 2カ月スパンのPDCAサイクルの確立を!

こんにちは!

東進ハイスクール北千住校の五井です!

いよいよ大学3年生は就活シーズンへ入っていきます。

僕も、実は明日、初めての一次面接です。。!

緊張しますが、頑張ってきます!

 

新高3生の皆さんは昨日、同日から一か月後の

センター模試を受験したと思います。

結果はどうだったでしょうか?

得点率が上がった人下がった人もいると思います。

ただ、

ここで結果を振り返るときに大事なことは

自分が計画した結果として成績が伸びたのか

を考えることです。

 

選択式のマークテストであるセンターで

得点率だけを考えて振り返るのは

非常に危険です!

ただ運よく、正解を選べて

得点を取ってしまった問題があるかもしれません。。

そんな曖昧な、「得点」よりもっと確実なのは、

自分の演習量に見合う結果について振り返ること」です。

 

自分が計画していた成績向上計画(Plan)を踏まえて

今回のセンター模試を行った(Do)結果を計画と対比させて

分析(Check)する。

そうすることで今日以降の行動(Act)に繋げていく。

 

就活でもよく言われる、PDCAサイクルというものですね!

 

これから、皆さんには2カ月に1回

本番まであと合計5回センター模試が残っています。

そんな皆さんに意識してほしいのは、

2カ月スパンでのPDCAサイクルです!

つまり今日は、昨日の模試の分析(Check)を終えて

次の行動(Act)に移す行程です!

 

そして、同時に2カ月後、つまり

4月センター模試に向けた、計画(Plan)を立ててください!

それを続けていけば必ず、12月の最終模試では

今の自分が想像できない、「自分」が

完成しているはずです!

 

東進北千住校公式Twitter↓

 

 

2019年 2月 21日 1年後に向けて…

こんにちは!

担任助手の上野美南です

   

ついに私大の受験も終盤に差し掛かってきましたね

私が通っている早稲田大学の試験も今日の商学部と明日の社会科学部で終わりになります

   

昨日は早稲田1発目の文化構想学部の合格発表日でもありました

今年度は昨年度と比べて100人も合格者数が減ったと言われています

 

3年前の2016年度と比べると約半分になった事になります

   

新高校3年生のみなさん

あと1年もあるからなんとかなるだろう

なんて考えていませんか?

 

色々な所で言われているように

私大の合格者数削減によりめちゃくちゃ入試が厳しくなってきています

   

なんとかなるだろうという甘い考えでは、

どうにもなりません!

   

センター試験本番で8割取っていても

日東駒専が受からないなんてことがざらにあります

   

みなさんは今

1年後のセンター試験で8割以上を確実に取れる自信はありますか?

 

ほとんどの人が無いのではないかと思います

 

今から出来る事を分析し、ひとつひとつ積み重ねていって

ニガテを学年が変わる前に無くしましょう!

   

周りの受験生と差をつけるためには

少しでも早くから受験勉強を始めて沢山の勉強時間を取ること

だと思います

 

このブログを読んだ人は即ニガテ分析に取り掛かって、対策を練りましょう!

これから受験勉強頑張っていきましょう!!

2019年 2月 19日 志望学部について考えてみよう!

こんにちは!

まだまだ寒い日が続きますね!

受験生はラストスパート!

この時期は体調が一番大事と言っても過言ではありません。

マスク着用、手洗いうがいはもちろん

湿度や寝る時の環境

そしてゆっくり休む

ということも大事にしましょう!

さて、今日は低学年の皆さん向けに

学部について話したいと思います。

学部にこだわって受験していた

私から伝えたいのは

決めている人も

決めていない人も

いろいろな学部に目を向けることが

大切

ということです。

少なくとも4年間や6年間、学ぶことが変わってきます!

私のように医療系など将来に直結する学部であれば、その後に就く仕事にも影響を与えます!

決まっている人は特に、その学部に向かって頑張っていると

他の視点がなくなってきてしまいます。

もちろん、それに向かって一本の道を努力していくのもとても大切ですが

一度立ち止まって色々な道を見てみるのも

今だからこそできます!

 

私は大学の勉強が、今までの中で一番楽しいと感じています!

ずっと憧れていたことや

興味を持っていたことを勉強することって

実はとても楽しいです!

受験時代とはまた違った形で勉強に打ち込めることができるなと感じています!

みなさんも自分が納得する道を見つけ

自分の好きなことに打ち込めるような

4年間や6年間を送ってほしいなと思います!

ぜひ、いろいろな学部について調べたり

担任助手に聞いてみたり

合格報告会で聞いてみたり

してみてください!