4月に模試を受けなかった人が4月模試の重要性を説きます。 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2021年 2月 5日 4月に模試を受けなかった人が4月模試の重要性を説きます。

天気がいい日が続くと、逆に何かと不安になる。

どうもこんにちは担任助手2年の仁平です。

天気っていいに越したことないですよね。

でも、いいことが続きすぎると不安になるのと同じで

いい天気続きすぎると、何か大事なこと忘れてる気がして不安になります。

超絶共感求めます。わかるよって人是非仁平まで。

 

ということで今日は、タイトルにもあります通り

「4月模試を受けてない僕が、4月模試の重要性」について話していこうと思いますっ!!

ただ、「本番の目標点から逆算して、4月でC判定取りましょう。」って話は他の誰かがしてくれると思うので

僕は僕にしかできない話をします。

「4月の模試でC判定」は数値で客観的に裏付けられたデータなので、もちろん全新高3生の皆さんにはこの結果を目標に目指していただきたいのですが

僕が伝えたいことは

「4月C判定を取るために必死に勉強する」という“過程”を重んじるということです。

僕は部活を高3の6月までずっとやっていたために、受験勉強を本格的にスタートするのが周りより遅れてしまいました。

「もっと早く始めていれば。。。」

と思ったことが何度あったことか。

僕の高校で言われていた「高2の3学期は高3の0学期」的なやつ。

あれは本当に大事です。

1月の共通テスト同日模試を受けた人の中には、成績悪すぎて「4月でC判定なんて無理!!」

って思ってる人いますよね。

でもあれ本質は、「4月にC判定取ること」もそうなんですけど、「4月にC判定取れるようになるくらい3ヶ月間本気で頑張ること。」だと思うんですよ。

だから、「4月C判定なんて無理くね?やる気出ないわ。」じゃなくて

「4月C判定取れるかわからないけど、とにかく頑張ろう!!」でいいんです。

そしてこの時期にやっておいて差が付くのはなんといっても基礎!キソ!!きそ!!!

東進生なら絶対に拘束基礎マスター。

・英単語1800

・英熟語750

・英文法750

・基本例文300

・上級英単語1000

・計算演習1A 2B(できれば上級まで)

・今日のコラム

これが必ず成果に繋がります。

僕が現役時代に手にすることのできなかった高3の0学期。

これを読んだみなさんは必ず自分のモノにしてくださいね。

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓

 

過去の記事