法学部政治学科について | 東進ハイスクール 北千住校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2021年 11月 3日 法学部政治学科について

こんにちは!担任助手2年の三枝です。最近は暑さが落ち着き、ようやくが訪れましたね。秋の食材がおいしいものばかりで食欲がいつもの2,3倍です(笑)皆さんは、秋といえば何ですか??

寒くなってきたので、体調には気を付けて過ごしましょう。

さて、今日は私が通っている、学習院大学・法学部政治学科について紹介していきたいと思います。

学習院大学の法学部は、法学科と政治学科が存在しています。私が所属しているのは政治学科なので、法学部ですが法律の勉強をメインに行うことはありません。

もちろん、政治学科でも法学科の授業を履修することはできます。私は、昨年「安全保障法」という授業を履修しました!

政治学科の授業を一言で表すと、ニュースで取り上げられるような社会の問題点について学び解決策を考える、だと私は思います。

主に、政治学、社会学、国際関係論という3つの分野から成り立つ授業で、話題が身近なものであったり実際に自分が関与していることなので、興味が湧きやすいです。

例えば、政治学科の様々な授業で取り上げられる話題が選挙についてです。

日本の選挙制度はもちろん、世界の選挙制度を学んだり、投票に行く人の心理を分析したり、幅広い視点で勉強します。

そして、政治学科のほとんどの授業の最終目標は、現在ある課題点を自ら見つけ、身に着けた知識の中から自分なりの解決策を考えていくことだと私は思っていて、これが一番大変ですが一番面白いところです!

1年生の必須科目では、少人数で自分の意見を発信する練習のような授業もあり丁寧に教授がサポートしてくださるので安心です!

日頃からニュースを良く見ていて、世の中の事に関心が強い人はもちろんおすすめですが、テーマ自体親しみやすい物が多いので、特に学びたい学問がない、専門的すぎるのは不安…な人にもぜひおすすめしたいです!

興味があったら調べてみてください!

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓