気づいたら日本史が得意になっていた | 東進ハイスクール 北千住校 大学受験の予備校・塾|東京都

東進ハイスクール 北千住校 » ブログ » 気づいたら日本史が得意になっていた

ブログ

2023年 11月 26日 気づいたら日本史が得意になっていた

こんにちは!担任助手1年の新井良汰です。

今回は日本史の勉強法を紹介します。

あくまで例なので参考程度に見ていただければ幸いです。

初め僕は日本史が一番苦手であまり好きではありませんでした…

そんな僕でも最終的には千葉大模試の日本史で1位をとることができました。

今振り返ってみたらポイントは3つあったと考えています。

1つ目は徹底的に反復することです。

これが一番重要です。

具体的には毎日僕は日本史を復習する時間をとっており、

4日で通史全てを復習し終えるようにしていました。

そして、最後の入試が終わるまでほぼ毎日継続していました。

天才でもない限り基本的に人はすぐに忘れてしまいます。

僕の場合、このくらいやらなきゃダメでした。

2つ目は日本史の大まかな流れをまとめたノートをベースに復習していたことです。

僕は日本史の受講時にとったノートを使用していました。

重要なのはベースとして勉強するものを一つに絞るということです。

ベースとして流れをおさえた上で

一問一答などを使用することは問題ありませんが、

一問一答をベースとして勉強するのは控えたほうが良いと思います。

そして3つ目です。

時代ごとの特徴をおさえらるようになったら、

大まかな流れと内容が書かれたノートに細かい内容を書き加えることです。

書き加えた状態のノートで復習をしていきます。

基本的な内容は頭に入っているはずなので

今までとかかる時間がそこまで変わりません。

社会科目は継続して勉強していれば、

他教科よりも成績が圧倒的に伸びやすいです!

しかも得意科目にしやすいです!

もし東進生で社会の受講が終わっていない生徒がいたら

早急に終わらせて復習の段階に入り、得意科目にしちゃいましょう!

   

東進ハイスクール北千住校

公式Instagram↓

過去の記事