共通テストを終え、二次私大試験へ向かう受験生たちへ | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2021年 1月 26日 共通テストを終え、二次私大試験へ向かう受験生たちへ

こんにちは、担任助手2年の上岡です。

共通テストから1週間が経過しましたが、二次私大の対策は捗っていますか?

今日は、受験生の方たちに残されたこの期間に何をすべきかについて書きます。

私立大学が第一志望の受験生には、来週中に試験が始まる人もいると思います。(早いと今週もあるのかな?)

私大受験は体力勝負です、併願を含め多くの私大に出願した人はその日程に合わせて勉強時間を最大化してください。

当たり前ですが、最後の期間を最大の努力で過ごすことが合格の可能性を最大限に引き上げます。

共通テストを終えたことで緊張が緩み、余計な時間の使い方をしている人は今すぐ勉強してください。まだ間に合います。

国公立大学を受ける人は、言わずとも、その大学の試験が最難関の試験となるでしょう。

逆に言えば、国公立の対策をして各科目への理解を深めることで、自然と併願校の合格率も上がるでしょう。

私大対策と国公立対策、この二つに割り当てる時間の比率をよく考えねばなりません。

その比率は人によって、受ける学科や現在の得意不得意のばらつきによって変わってくると思います。

「残りの期間、何をすればいいのか解らない」

「今の自分の勉強の比率で間違ってないか」

等々、不安になる事があったら即校舎に電話してください。

独りで悩み続けるより、客観的な視点があった方がずっと気持ちが楽になります。

人生の大きな山場をどのように過ごすか、ここでさらに成長できる人は必ず受かります。

応援しています。精一杯、頑張ってきてくれ。

 

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓