「なんとなく」の模試になっていませんか🤔❔ | 東進ハイスクール 北千住校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 18日 「なんとなく」の模試になっていませんか🤔❔

みなさんこんにちは!担任助手2年の大沼です🌼

 

大学の夏休みも今週で終わり、来週からは授業が始まる予定です!

今学期は英語づくしの履修を組んで

自分を追い込む時期にしようと個人的に結構はりきってます😶

ただやっぱり、やり切るところまでが勝負ですね

みんなに負けないくらい、今学期の私はバリバリに勉強します!頑張りましょう^^🔥

 

さて、ちょっと前置きが長くなってしまいましたが…

今回のお題はズバリ…

今日は 模試当日!!

(早慶上理・難関国公立大模試 / 全国有名国公立私大模試 )

ということで!

模試に対する姿勢・心構えについて

改めてチェックしておきたいポイントを2つほど

紹介していきたいと思います!✔

 

1⃣ これは本番。

模試の正式名称:「模擬試験」です。

模試とは、どれも本番を想定した試験です。

前日の夜から、当日の朝、試験の直前・最中

すべて「これは本番」という意識・行動をもって取り掛かることができていれば

本当に本当の「本番」になった時

模試を受けて良かったと心から思えるはずです。

 

2⃣ 本番以上に出来ることがある。

実は模試には、本番以上に出来ることがあります。

なんだと思いますか?

間違いから学ぶこと:「復習」「解きなおし」です。

もちろん、本番の後にもできます。

ですが大きな違いは、本番はたった一回というところにあります。

本番のあと、いくら復習をしても解きなおしをしても、

その本番の点数に変化は生まれません。

そこで本番を未だ控えている今、「模試」が最高の練習場です。

模試が終わったら、必ず「復習」と「解きなおし」をするようにしましょう。

間違えたことを「間違えて良かった、次は間違えないようにすればいいんだ」と

前向きに学びに繋げていきましょう!

 

以上の2点ですが、

本番だと思うこと本番は別にあると思うこと

といった相反するものに感じるかもしれません。

たしかに、この2つを同時に意識することは簡単ではないと思います。

 

ただ、「なんとなく」の模試になっていないか

と改めて考えてみるとどうでしょか。

模試を意味のあるものにしよう といった意識が持てれば

自然とこの2点を同時に行動に移すことができようになると思います。

習慣形成やメンタルコントロールは

早期に取り掛かり、自分自身を慣らしていくことが大切になってきます。

   

今日の模試からでも、ぜひ

意識を改めるないし強化して

今回の模試を、受験生生活の中でも意味のあるものにしてほしいと思います!

   

応援しています!

がんばれ北千住校!!💪🔥

東進ハイスクール北千住校

公式Instagram↓