ぶっつーり学科とは | 東進ハイスクール 北千住校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2021年 11月 4日 ぶっつーり学科とは

こんにちは。担任助手の齊藤です!

今日は僕の通っている千葉大学理学部物理学科を紹介したいと思います。

とは言っても、東進ハイスクール北千住校のスタッフに千葉大学生は4人もいるので、

特に物理学科に焦点を当てて書いていこうと思います。

まず、物理と言ったらどんなことを思い浮かべますか?

力、重力、摩擦、などから、宇宙、天体、星、磁石など様々なことが連想されると思います。

まず、大学の物理は高校で学んだことに数学的要素を多く取り得て学び直すところから始まります。

なので、物理学科の授業風景は、まさに高校のそれとほとんど同じです。

では、その授業内容ですが、

千葉大学物理学科では1〜3年次に物理の基本事項を学びます

力学、電磁気学、熱力学など高校で習うことに加えて、量子力学、統計力学を全員が必ず学びます。

(波動についての授業はありません。)

もちろん、英語や第二外国語(初修外国語と言います)、教養も学びます。

そして、4年生で研究室に配属されます。

物理学は実験系と理論系に分かれます。理論系は主に数値シミュレーションなど行います。

また、物性物理と基礎物理に分かれます。

物性物理は超伝導や光などを研究し、基礎物理では宇宙や原子核などの研究を行います。

 

僕は、基礎物理の理論系である宇宙物理学研究室に所属しています。

今年に入って配属されたわけですが、

前期は大学院入試に向けた勉強が主であり、今は卒業研究の準備

を行なっています。

4年から配属されるところからわかるように、基本的な進路は大学院進学になります。

大学院入試は夏休みにあるため、このようなスケジュールになっているわけです。

物理学科進学を目指すとして、重要なのは研究室です。

その一助となるように、最後に物理学科と宇宙物理学研究室のホームページを載せておきます。

まだ学部や学科が決まっていない方はぜひ覗いてみてください!

それでは。また、


千葉大学理学部物理学科→ホームページ

宇宙物理学研究室→ホームページ紹介動画


 

※小クイズ:物理を「ぶっつーり」と言いがちな物理学者は誰か?(【トリック】と検索してみてください。)

 

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓