1月 | 2019 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ 2019年01月の記事一覧

2019年 1月 31日 試験に必要な力

 
みなさんこんにちは!
担任助手の岡納です
今日は試験に必要な力について話したいと思います
試験に必要な力
といわれて最初に思いつくのは何でしょう!
集中力スピード力
などたくさん出てくると思います
私は
解法のパターン・アプローチ法を
いくつ持っているか
が大事だと思っています
初見の問題より触れたことのある問題の方が解けるのは当たり前です
大学の2次問題を10年分もやるのは、
その大学のクセや好みをつかむためでもあるのです!
つまり、この力は経験値とも言い換えることが出来ます
特にセンター試験など流れが顕著に現れてる問題
対策した量がものをいいます
よって早いうちに対策を始めた人がその試験を制する
ともいえるのです!!
しかしセンター試験はあと1回で、再来年には共通テストが始まります
共通テストを初めて受ける学年(現高校1年生)は
過去問がない状態
で試験に挑むことになりますね…
そこで2月10日(日)に
共通テスト対応高1模試があります!!
”早い段階””模擬試験”を経験していくことで、
これから自分がどういった対策をしていくべきなのか
が明確になるはずです
この模試を受けることによって経験値をつけて、
本番の試験に向けて頑張っていきましょう!

2019年 1月 30日 いよいよ受験直前

こんにちは!

担任助手の上野美南です

   

いよいよ私大の受験が本格的に始まってきますね

 

この直前期に出来ることとなるとやはり

過去問演習

なのではないでしょうか

 

どんなに頭が良くても、初めて見た問題形式で全力を出し切れる人は多くありません

 

逆を言えば

沢山過去問演習をしたら全力を尽くすことができる

ということです

 

いつも東進で言われているように

第一志望の過去問は10年分

を解いて傾向を掴みましょう!!

 

そして、自分の苦手なところは万全に対策をしてください

 

試験本番には

自分は10年分も過去問を解いて、こんなに対策もしたんだ

という自信を持って臨める様にしましょう!

 

試験本番(特に第一志望校)はとっても緊張すると思いますが、

今まで頑張ってきたという自信がきっと助けになると思います

 

最後まで諦めずにがんばりましょう^ ^

2019年 1月 27日 いよいよ本番シーズン!

こんにちは!五十嵐です!

いよいよ1月も後半で私立大学の入試がちょこちょこ始まってくる時期ですね!

みなさん、準備万端でしょうか?

センター試験とは試験時間や解答方式が違う私立入試。

そして何より難しい問題が多いですよね。

しかし、合格をするには私立大学の難しい思考問題、応用問題を突破しなくてはなりません。

確かに入試では自分の得意な所がたまたまでたとか、運がよかったとか、合格者の人は色々なパターンがあります。

ネガティブにとらえてほしくはないですが、逆に不合格になってしまった人はどうでしょう?

これは林修先生が言っていたことなのですが、勝負の世界の歴史をみると勝者には様々な理由があるのに対して

敗北者には一定の共通点があったそうです。

それは

1.情報不足

2.思い込み

3.慢心

です。これを聞いてぼくの現役時代の受験シーズンを思い出しました。

すると、確かに不合格になった大学の原因はこの3つに集約されるなぁと思いました。

ぼくの場合、まず情報不足は単純な過去問研究不足でした。第二志望だからといってあまり過去問を解かず、どこがでるかも曖昧なまま本番を迎えていました。

次に思い込み、本番の試験中できない大問があり「これは絶対できない」という先入観にとらわれ本番まったくできず、終わったあとに復習で解いたら小さな計算ミスでまるまる落としていました。

あれほど悔しい思いをしたことはありません。

最後に慢心、これは完全に第二志望だからとか自分で勝手に理由をつけ「大丈夫しょ」みたいな感覚でいました。完全に慢心です。

このように、敗北の原因には一定の条件がある

条件が見えてればそれに対して対策できる!

みなさん、この3点を踏まえてもう一度準備が万全か確かめましょう!

そして、何より最後まで全力でがんばれ!

2019年 1月 25日 センター試験を終えた受験生へ

こんにちは!

担任助手の吉井です。

私は今、大学の短期海外調査というプログラムでフランスにいます!

大学で英語のプレゼンをしたり日系企業の訪問をさせていただいたりと、充実した10日間になりそうです!!

 

さて、今日のブログでは、センター試験を終えた受験生に向けて、この時期に気を付けるべきことをお伝えしようと思います。

センター試験が終わり、いよいよ私大の入試が始まってきますね!

この時期は過去問を中心に勉強をしていると思いますが、バランスよくできているでしょうか?

特に私大は大学によって傾向が大きく異なります! 抑えとして受けようとしている大学でも、しっかりと対策をしないと抑えになりませんよ! 必ず過去問を解いてから本番を迎えるようにしましょう!!

最後に、何度もお伝えしていると思いますが、 最後まで諦めずに粘り続けること がこの時期の気持ちの面で最も重要です!

なぜならば、 直前期が最も成績を伸ばせる時期

だからです!

これは、何をすべきか、どうすればいいのかが分かってきて、効率良く勉強できるようになっているからです。

これは私が実際に感じたことでもあります。 今まで頑張ってきた自分を信じて、最後まで悔いの残らぬようやりきってください!!

  東進北千住校公式Twitter↓  

 

2019年 1月 24日 【高1・2年】”受験生”になる意識

こんにちは!担任助手の三井です!

今日は”受験生になる意識”ということで

受験を控えた低学年の方向けのお話をしていきます!

今まさに受験真っ最中のシーズンですが、

周りの受験生や先輩の様子はどうでしょう?

あまり意識していませんか?そうですよね、

じぶんも受験生になる前は今まさに受験している

先輩の状況なんて考えもしなかったです。。。

代わりにここで今受験生はどんな状況で

勉強や入試本番に臨んでいるのかを

教えていこうと思います。

今多くの受験生の大体のスケジュールとしては

センター試験を終え一段落をついている、または

もう二次試験が始まっていている

と言ったところです。

どんな感情なのかはそれぞれですが、

年明けから意外に時間が短く焦って

二次対策に取り掛かっている人もいれば、

計画通りセンター試験からの切り替えに成功

して、落ち着いて対策に取り組んでいる人もいます。

以上が今の受験生の状況ですね。

人それぞれといえばそれぞれですが、

個人個人が自分の課題を必死に潰していっている

という状況です。

特に高2生は一年後こんな風になる、

と想像してみ下さい

今の自分に足りないスキルがたくさんあると思います。

例えば”自分の”勉強ができていますか?

学校の課題や授業の為の予習、

それだけで学校生活を送っているのは

“勿体ない”です。

自分の実力を測って

課題を定期的に見つけるっという作業は

どの分野においても必須です!

他にも”毎日必ず~する!”

や、”今月・今週・明日の計画を立てる”

ことってできないですよね。

受験生になると1年弱と言う長いスパンで

計画を立てる必要があり、日々それをコツコツ

こなしていかなければなりません。

そこで必要なのは”習慣”です。

自分をコントロールして毎日のTODOをつけて

行かないとどんどん計画が破綻していって

取り返しのつかない量のタスクが残ってしまいます。

睡眠もその一つで自分は必ず7時間寝る!と決めて

毎日22:30~翌5:30に睡眠すると決めていました。

もうすぐ受験生になる2年生や

最近怠惰な生活を送ってるなーと感じている1年生も

意識してみてはどうでしょうか??