9月 | 2019 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ 2019年09月の記事一覧

2019年 9月 25日 過去問の重要性

こんにちは、張替 敦です。

今日は、過去問の重要性について書いていきます!

センターの過去問や2次の過去問など、すでに過去問を解いたことがある人もいると思います。

過去問は、なぜ解くのでしょうか?

答えは、

自分の目標を知るためです

受験勉強は第一志望合格のために行っていますが、最終的なゴールがどのようなものなのか知った上で努力をしなければ、効率化が図れません。

ゴールを知りそこから逆算し何をしていくか決めること、これは必須のことになります。

そのうえで過去問は以前出題された本番の問題になるので、限りなくゴールに近いものを知ることができます。

以上を踏まえると、過去問はとても大切なものだと分かったと思います。

ですが、過去問もあくまで受験勉強における1つのツールになります。

他にもたくさんあるツールとの兼ね合いも見ながら進めなくてはなりません。

学んでいきましょう。

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓

 

2019年 9月 24日 過去問2周って意味あるの?

 

こんにちは!1年の羽田です。

みなさん、過去問演習に勤しんでますか?

僕はこの時期から過去問を鬼のように解いてました。

受講をしている受験生、低学年は、その受講がこれからどのように生きていくのか、また活用していきたいかを考えて受講しましょう!

例えば受験生の講習なら、時間が限られているため復習ベースよりかは、その1回の受講で100%吸収する努力をするとか、

低学年の受講なら、復習を重ねてその授業に対する理解度を極限まで上げていきましょう。

さて、過去問についてはどうでしょうか。

私たち担任助手は、生徒に最低2周は過去問をやれと言います。

何故でしょう?なぜ、2週もする意味があるのでしょう?

1周目は難しくて解けないし、2周目は答え覚えちゃってるし……

確かにそうですね。そこは否定しません。

ですが、この問の答えは「目的が違うから」です。

1周目は、比較的傾向分析、それに伴う対策、自分との相性を考えてみましょう。

第一志望が、どんな問題を出してきて、それをどう対策すればいいのかということです。

ここで重要なことは「得点にこだわらない」です。

みんな1周目では得点なんて取れません。取れたら凄すぎます。

自分は早稲田大学国際教養学部を始めてといた時は英語5割で時間も85分と定められていますが100分くらいかかりました。

ですが、傾向分析と対策を考えることに加担してたため、全く点数は気にしませんでした。

2周目は、1周目で得た傾向とそれに伴って行ってきた対策をもとに、得点を取りに行きましょう。

合格最低点と照らし合わせて、自分に何が足りないのか、今回の過去問を解いてわかった自分のミスなどを分析して

もう二度と同じミスをしないように、また、間違えてしまった問題を間違えないようにすることを意識してください。

また、答えを覚えてしまっている問題もあると思います。

しかし、2周目において大事なのは「なぜその答えになるかを完璧に説明できる」ことです。

例えば四択問題で、正解の選択肢を覚えてしまっていたとしましょう。

それを選んで終わり、では安直、短絡的すぎです。

なぜほかの3つの選択肢が間違えなのかを完璧に説明しましょう。

もしできなかったら、その問題に対する理解が足りてないのです。

2周目は、得点も大事ですが、自分のその過去問に対する理解力も上げていきましょう。

まだ疑問があるようでしたら、自分などに質問ください。

過去問解きまくっていたのでアドバイスできます。

残された時間は減っていくだけです。

悔いを残さないよう、1分1秒、身を粉にして全力で走り抜いてください。

頑張れ!!!北千住校!!!

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓

2019年 9月 23日 いま!過去問をやりましょう!

みなさんこんにちは!

担任助手1年の長谷川です。

最近は不安定な天気で体調を崩しやすいので

体調には気をつけてください!

 

さて、今日は過去問演習について書きます。

過去問演習は2周すること

を前提として解きます。

そのためには10月中には

1周目を終わらせる必要があります!

つまり!

いま!やらなければならないのです!

いま校舎では

過去問挑戦会を行っています!

本番の緊張感の中で

過去問演習ができる良い機会です!

参加してください!!

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓

2019年 9月 22日 一か月後に待ち受けるは…….

みなさんこんにちは!

担任助手1年

仁平(にひら)です!

夏は終わったというのに暑い日がちょいちょいやってきますね、、、

衣替えはいつになることやら、、、

早く秋服が着たい仁平でございます。

ということで本日お送りするのはこちらっ!!

バンッ!!

おわかりいただけたでしょうか!

そうです!

約一か月後10/27に待ち受けるは【全国統一高校生テスト】(以下「全統」)でございます!!

この全統、タダで受験できて明細な帳票が返ってくる。しかも返却が早い!

今思うとかなり得ですよね。

受けない理由が見つかりません!!

高3生にとっては、残すところ後二回のセンターレベル模試ですね!

すでにセンターの過去問10年分を解き終え、絶賛二次・私大対策中の生徒も多いでしょう。

しかし、センターは慣れで得点する部分もあるので、「ずっと二次・私大ばかり対策しながらいざ受験してみたら、思うように得点できず落ち込む。」なんてことも無きにしも非ずです!!

この辺のセンターと二次・私大対策は生徒の進捗によって違います!

自分なりにこの時期の模試との向き合い方を考えておきましょう!!

もちろん僕たち助手も相談に乗ります!

留意してほしいのは、センター対策は大事であるが、一番大事なのは第一志望校の対策だということです!!

高1・2生にとっては、来年から始まる共通テストに対応した問題を解く数少ない機会であり、今から受験と向き合うことで他の生徒と差をつけることができます。

だって高校生の日曜日なんて、遊ぶか部活かのどっちかじゃないですか??

そんな中、貴重な日曜に模試を受けることは受けていない生徒に必ず差をつけることができます!!

「差をつける」というのは、「他の人が勉強していない時に勉強する。」もしくは「他の人に勉強の質で勝る」ということです!!

「3年生じゃないし、まだ模試はいいや…。」なんて考えずに、ぜひ全統を受けましょう!!

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓

 

2019年 9月 21日 1日の計画決め

こんにちは!

担任助手1年髙野です!

秋ですね。。。

センターまで4ヶ月を切りましたね。。

皆さん高マス過去問単元ジャンル

とやることが多い中

自分を追い込んでいると思いますが

受験までの残り時間が少なくなっても

計画を立てることは重要です。

自分の経験だと

夜中まで起きて勉強するのは

短期的に暗記するのには

適しているかもしれませんが

長期的な暗記には

適していない気がします!

今覚えた知識を受験まで

覚えておくこと

が何よりも重要なので

自分は東進でしっかり勉強したら

家ではなるべく

寝る前に日本史を確認するだけで

寝るようにしていました。

夏に計画を立てて勉強したのと

同じように夏以降も勉強して

志望校合格へ

繋げていって欲しいです!

計画の立て方が分からなかったら

気軽に自分や他の担任助手に

相談してください!

これからも一緒に頑張りましょう。

   

最新記事一覧

過去の記事