6月 | 2018 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ 2018年06月の記事一覧

2018年 6月 20日 全統の後の公開授業!

こんにちは!担任助手の岡納です

 

最近は雨の日が多いですね…

梅雨は行動範囲が狭くなってしまい家にこもりがちなので、が待ち遠しいです、、

 

そんな中、17日(日)には全国統一高校生テスト

18日(月)には渡辺勝彦先生による特別公開授業がありました!

 

18日の公開授業は普段と違い

英語の”解説授業”でした

 

映像授業とは違い、周りで一緒に授業を受けている人がいるという状況はとても良い刺激になったと思います

 

また今回は、前日に受けた問題に沿った授業ということで良い復習になったのではないのでしょうか!

 

模試は受けっぱなしの状態が一番良くないです…

自分の現状をしっかりと把握することが大事になってきます

 

この流れで他の教科の自己採点・解きなおしも早いうちに終わらせましょう!!

   

2018年 6月 14日 受講の予習復習をしよう!

  今日は受講の予習復習について話したいと思います!   みなさんは、受講の予習復習しているでしょうか!? あんまりしていない、、というそこの人!要注意です!!   せっかく受講をとって、時間をかけて受けているのに意味が半減してしまいます。   受講の予習復習の仕方は授業によって違いますが、基本は先生の指示に従って予習復習をしましょう!   特に英語では音読をして復習をするのがオススメです。 授業でやった文章を覚えてしまうくらい音読をするのがコツです。   授業がどれだけ身になるかは予習復習にかかっています。 それぞれの授業でやり方に困ったら スタッフにいつでも相談してください!

2018年 6月 12日 試験中のアドバイス

皆さんこんにちは、担任助手の畔地です!

とうとう梅雨の時期がやってきましたね、

部活動をやっている生徒にとってこれほど嫌な時期はありません。サッカー部だった僕は去年の今頃、ペアを背負いながら階段を一段一段登っていました・・・

さて、そんな思い出はさておき、

ついに全国統一高校生テストまで後5日を切りました!!

今回はそれに向けて試験中のアドバイスについて書いていきたいと思います!

まず一つ目は・・・時間配分です!

試験時間は60分や80分と限られています、その限られた時間の中で最高の結果を叩き出すのに時間配分というのは非常に重要になってきます。

例えば国語などで大問3,4が得意で大問1,2が苦手なら、大問3,4を解く時間を短めに、大問1,2を解く時間を長めにという風に、試験を受ける前にある程度決めておくと良いかも知れません。

そして二つ目は・・・見直しです!

僕はこれをやるかやらないかで大きく点数が変わってくると思っています。

模試後の復習時に

やべっ、これケアレスミスじゃん、、、なんてことよくありませんか?

それです、英語の長文の問題なら6点、数学なら大問丸々落としてしまうこともあります。

それを防ぐために各科目5分以上は見直しの時間を作って、残りの試験終了5分前までに全問題を解く、という風に見直しの時間を少しでも作るだけで、自分の思っていた以上の点数が取れるかもしれません。

ぜひ、試してみてください!

   

2018年 6月 11日 全国統一高校生テストまでにやるべきこと

こんにちは!

担任助手の吉井です!

さて、いよいよ次の日曜日が全国統一高校生テストです!

こういった模試を初めて受ける人も、今までに何度も受けたことがいる人もいると思いますが、

今日のブログでは模試に向けて勉強面に限らず、準備すべきことについて話したいと思います。

 

まずは勉強面に関してです。

模試まであと何日間かありますから、今からでも少しでも点数を伸ばすことは可能です!

なぜかというと、最近触れていなくて忘れてしまっている分野を復習するだけでも解ける問題が増えるからです!

これは特に数学や社会・理科など分野に分かれている科目に当てはまることです。

そして、ほぼ全員に関係するであろう英語に関しては、覚えきれているか不安な単語や熟語、文法の知識をもう一度確認しましょう!

特にセンター試験でいう第2問のような文法的な知識が問われる問題の点数を伸ばすことができます!

次に持ち物についてです。

受験票

筆記用具

時計(試験会場に時計が置いてあるとは限りません)

参考書(試験前に見返すため)

これらの持ち物は実際の大学入試でも必須のアイテムですから、今のうちから模試を活用して『試験慣れ』していきましょう!

これに加えて受験会場への行き方もしっかりと調べておきましょう!

特に東進生は今回は今年度初めての外部会場となります!

納得のいく成績を出せるのか不安に思っている人もいると思いますが、

こうした細かい準備をしておくことで落ち着いて受験することができるようになります!

それでは受験者の皆さん、頑張ってください!!

     

東進北千住校公式Twitter↓

 

 

2018年 6月 10日 全国統一高校生テストまであと一週間!

こんにちは!担任助手の三井です!

タイトルにもありますが、いよいよ全国統一高校生テストが

残り一週間と迫ってきました。

受験生の方も、高1・2年生の方も、しっかりと夏休み前に

自分の実力を知っておきましょう!

ところで、東進の模試の結果を皆さんは普段どのように

分析して、対策をしていますか?

成績表を見ると、合格判定や、苦手分野、過去の先輩との比較

等、情報量が多いので、全てに目を通すことに億劫に

なりがちですが、模試は受験しただけでは何の意味もありません!

自分の実力を図るためのものなので、むしろ成績表を見るために

受験しているようなものです!自分の目的を今一度確認して見ると

良いと思います。

対策については、苦手分野が成績に明白に出ているので、それを

基に対策案を考えるところから始めましょう。参考書をこなすことや、

演習におけるその分野の比重を上げる等がよく挙がるとおもいます。

ただ、稀に「ここは明らかに得意な問題だったのにケアレスミスで

苦手分野といわれてしまった・・」というケースもあるとおもいます。

こういうものも自分の判断で対策するかしないかは決めるわけですが、

そもそも受験当日の”この問題簡単だった!”という記憶が無ければ、

上のケースもあり得ないとおもいます。

当日実際解いたときの手ごたえをや問題の概要を覚えていればいるほど

復習がはかどると思うので、是非、成績表が返ってきたら

すぐに復習しましょう!