1月 | 2020 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ 2020年01月の記事一覧

2020年 1月 31日 「きっかけ」作り

今日は、自分の好きな、偉人の言葉を1つ紹介したいと思います。

People who are unable to motivate themselves must be content with mediocrity, no matter how impressive their other talents.

考えには至ってもなかなか行動に移せないシチュエーションは少なくないと思います。

行動に移すことは難しいことなので、そんな時があっても仕方ありません。

そんな時に必要な力は、「きっかけ」を作る力です。

行動に移したい時には、どうしたらその状態に辿り着けるかを考えてみてください。

決断に迷った時には、迷いに至った経緯を考えてみてください。

何か、「きっかけ」が見えてくるはずです。

2020年 1月 30日 時間の使い方は計算しよう。


 

どうも、羽田 です!

今日は、受験生に向けて、併願校のこなし方を書きたいと思います。

まず、自分が一般入試でうける大学学部を書き出してください。

そして、それぞれの受験日を書いてください。

今の日数から引いて、後何日か、計算してみてください。

ここから、どのようにこなすかを考えていきます。

もちろん、主軸は第一志望校。

第一志望校の受験日までに、どのくらい演習を積みたいかを考えてください。

そしたら、残りの日にちを、第一志望校までの併願校にそれぞれどれくらいかけるかを計算しましょう。

このようにして、計算しながら計画を立ててください。

なぜなら、直前期の時間は、一分一秒、無駄にできない貴重な時間だからです。

僕は、直前期もそれ以外の時も、東進に来たら一歩も外に出ませんでした。

勉強以外の時間を作るのが惜しかったからです。

これくらい、本気になってみましょう。

大丈夫、いま、本気で頑張れば、来年はきっと笑顔になれます。

辛いのは今だけ!耐えろ!

そして、勝ち抜け!

北千住校!がんばれ!

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓

2020年 1月 29日 センター後

こんにちは

担任助手1年の長谷川です

私は学校の定期試験が終わり

もうすぐ再試です。

センター試験も終わり、

受験生にとっては

最後の追い込みに入りましたね。

この時期の学習量次第では

まだまだ可能性は

広がります。

続けて努力していきましょう!

さて、今日はセンター後の学習について

お話ししたいと思います。

センター試験が終わったら、

やるべきことは過去問対策だけですよね。

とは言っても、本番までに

実施出来る量は限られています。

ですから、優先順位をつけた上で

取り組んでいきましょう。

まず優先すべきは、第一志望、

そして受験の近い大学の過去問です。

受験本番も、

あと2週間ほどで始まります。

本番前の何日前から何年分対策するかなど

しっかり考えて

しっかりと自信を持って

本番に臨めるようにしましょう。

私たち担任助手も、

少しでも皆さんの力になれるよう

サポートしていきます。

悔いの残らないように頑張りましょう。

応援しています。

2020年 1月 28日 早期スタートの強み

どうもこんにちは!!

担任助手1年仁平です!!!

もう2020年も一月を終えようとしてますね。。。

年明けこの前だったじゃん、、、

早すぎませんか??。。。

ちなみに去年のこの時期の仁平はといいますと

センターが思ったより良くて(3科得点率87% 明治青学出願)

「俺セン利マーチやん」ってイキり散らかしてましたね。

結果はセン利全落ちでした!!!

っはい!というわけで今回は

「早期スタートの強み」

ということで書いていきたいと思います。

今年一年間受験生を持っていて

「もっと前からちゃんと勉強始めてたら、もっと伸びたんじゃないか」

って思ったり

受験生自身も

「もっとっ早く始めとけばよかった」

「時間がない」

と話してきたりします。。。

これを見ている皆さんも

「早く受験勉強を始めなきゃいけない」

のは頭ではわかってますよね。

じゃあ具体的に何が変わってくるのか。。。

そう「当たり前差」です。

例えば受験勉強を始めたばかりの生徒は

一時間半勉強して

「俺今日頑張ったな」

って思うわけですけど

普段から二時間三時間勉強している人からすれば

「まだまだ足りんな。今日全然勉強してないな。」

ってなるわけですよ。

この差に関しては

勉強時間の積み重ねによる

意識変化でしかかわらないとおもうので

意図的に変えていくのは難しいです。

このように「いつスタートしたか」でこんなにも差が付きます

北千住校の生徒はもちろん

これをみているあなたも

早期スタートを意識していきましょうね!!

それではまた次回。

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓

2020年 1月 27日 後悔を残さないために

こんにちは!担任助手1年髙野です。

 

受験生の皆さん、最近勉強の調子はいかがでしょうか。

センター試験の結果に自分なりに納得して

気持ちの切り替えはできていますか。

今日書いていくことは

タイトル通りなのですが、

これは自分の受験勉強においての

テーマでした

諸々のトラブル(?)もあって

自分は受験を2年間経験しているのですが、

2年目は特にこれを意識していました。

もうこの時期になると

爆発的に成績が伸びたりすることは望めないかもしれません。

ですが、

そこで志望校への気持ちを弱くするのだけはやめたほうがいいです。

受験が終わったあとのことを考えてみて欲しいです。

もし、

最終的に結果が努力に伴わなかったとしても

最後まで自分なりに勉強しきって受験を終えたら

「自分はあの時必死に頑張れた」

という自信になるし

「あれだけ頑張ったのにダメだったなら仕方ない、、」

というふうに割り切れるかもしれません。

しかし、

逆ならどうでしょう。

自分の第一志望ではない大学に

「もう少し頑張れば良かった、、」

と後悔しながら4年間も通うのは本当に苦しいはずです。

自分は当初、早稲田大学を目指して勉強していましたが

(たまにサボったこともあったけど)

最後まで自分なりにベストを尽くして勉強できたので

結果に満足出来ていますし、

受験勉強によってかなり自分が精神的に成長できたと思えています。

たとえ、

思い描いていた結果と違っても

それに向かって自分が今までしたことのないような努力を

最後までやりきれたなら後悔なんて絶対しません。

 

北千住校の皆さんが自分なりのベストを受験日程終了まで尽くせるように

スタッフ一同サポートしていきます!

一緒に頑張りましょう。

                 

最新記事一覧

過去の記事