2カ月スパンのPDCAサイクルの確立を! | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 2月 25日 2カ月スパンのPDCAサイクルの確立を!

こんにちは!

東進ハイスクール北千住校の五井です!

いよいよ大学3年生は就活シーズンへ入っていきます。

僕も、実は明日、初めての一次面接です。。!

緊張しますが、頑張ってきます!

 

新高3生の皆さんは昨日、同日から一か月後の

センター模試を受験したと思います。

結果はどうだったでしょうか?

得点率が上がった人下がった人もいると思います。

ただ、

ここで結果を振り返るときに大事なことは

自分が計画した結果として成績が伸びたのか

を考えることです。

 

選択式のマークテストであるセンターで

得点率だけを考えて振り返るのは

非常に危険です!

ただ運よく、正解を選べて

得点を取ってしまった問題があるかもしれません。。

そんな曖昧な、「得点」よりもっと確実なのは、

自分の演習量に見合う結果について振り返ること」です。

 

自分が計画していた成績向上計画(Plan)を踏まえて

今回のセンター模試を行った(Do)結果を計画と対比させて

分析(Check)する。

そうすることで今日以降の行動(Act)に繋げていく。

 

就活でもよく言われる、PDCAサイクルというものですね!

 

これから、皆さんには2カ月に1回

本番まであと合計5回センター模試が残っています。

そんな皆さんに意識してほしいのは、

2カ月スパンでのPDCAサイクルです!

つまり今日は、昨日の模試の分析(Check)を終えて

次の行動(Act)に移す行程です!

 

そして、同時に2カ月後、つまり

4月センター模試に向けた、計画(Plan)を立ててください!

それを続けていけば必ず、12月の最終模試では

今の自分が想像できない、「自分」が

完成しているはずです!

 

東進北千住校公式Twitter↓