東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 9月 17日 

こんにちは!

担任助手3年の金子です。

 

今日から研修プログラムで、

1週間ほどアメリカに滞在します。

 

今日のブログは少し上級編ですが、

「受験勉強でつけてほしい力」

について書いていきます。

 

いつも同じようなことを

書いている気もしますが…

 

現役時代の自分自身は、

林先生の授業を受けていたこともあり、

受験勉強で身につく力(特に現代文)

をよく意識していました。

その力は今でも活きています。

 

基礎力としても、+αの応用力としても

受験勉強して良かったと思います。

 

今回は、それとは少し角度を変えて、

「受験勉強で身につけてほしい力」

を解説します。

 

ズバリ、「調査力」です。

 

『ここまではできる』

『ここからはわからない』

をハッキリさせて、

調べるべきことを調べる力です。

 

『どこがわからないのかわからない』

そんなときは、

・難易度(教科書、センター、二次…)

・単元(どの分野か)

で分けてみてください。

 

「単元」は、

教科書の目次に載っている項目などで

照らし合わせましょう。

 

あとは、模試の成績表です。

弱い単元が客観的に見れるので、

これを使わない手はありません。

 

すると、例えば

「センター」レベルの「中国古代史」

が弱い、などが見えてきます。

 

そこから、

どうすればその弱点を克服できるか、

を調べます。

 

この一連の流れが「調査力」です。

 

これが身につけば、勉強の手応えが

かなり変わってくるはずです。

 

なので、調べる目的や内容をハッキリさせて、

ネットを活用したり、人に聞いたりして、

どんどん情報収拾しましょう!