1点の重み | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 11月 24日 1点の重み

こんにちは!

担任助手の荻原です!

先日、ベトナムにインターンシップに行っていました!

僕がそこでどんなことをしていたのか気になる人は

是非、校舎で声をかけてください!!笑

 

さて、今日は1点の重みについて書こうと思います。

皆さんは普段、1点にこだわっていますか?

普段の模試などで、

「ちょっとケアレスミスをしてしまった。でも、それはただのケアレスミスだから次からは大丈夫!!」

と言って楽観的になっていませんか??

その考え方、甘いです。

たとえば、東京大学の合格最低点を見てみると、

小数点第四位まで決められているのがわかります。

それが何を意味するかというと、0.0001点足りていないから

落とす必要のある人がいるということです!

もし、0.0001点で落ちたりなどしたら、

惜しくて悔しすぎて言葉も出なくなると思います。

東大のような極端な例に限らずほかの大学でも、

その1点が合格か不合格かを分けてしまう、

つまり人生を左右してしまうことがありうるんです!

ケアレスミス

ほんとに侮れないです。あと先後悔しないためにも、

今のうちから1点にこだわってください!!

 

東進北千住校公式Twitter↓