自分の夢を持つことの大切さとは…? | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2016年 8月 22日 自分の夢を持つことの大切さとは…?

こんにちは!!

担任助手の野上です^^

 

私が夢を抱き始めたのは、高校2年生の冬で、ちょうどその時に東進に通い始めました。


始めは化粧品会社の研究職に就きたく、化学科志望でした。


ですが…
その夢は曖昧で、本当に自分がやりたいことなのか疑問に思っていました。


そのために、東進に入塾してから約3ヶ月間は今やっている勉強が将来に果たして繋がるのか…不安でした

 

高校3年生になって改めて受験生としての自覚を持ち、自分の過去を振り返ると今現在の夢に変わりました。


それは製薬会社の研究職です。
元から薬に興味があり、またやりがいのある仕事に就きたかったからです。


この夢が具体的に固まってからは、勉強時間と質が大きく変わりました。
成績も大きく伸び始めました!

 

自分のゴールが決まると、あとは一直線に頑張れます。

 

今ではもう少し早く夢が具体的に決まってれば、将来の幅が広がったのではないかなと思います。

 

夢を持つことの大切さは伝わったでしょうか?

 

私の近い将来の目標は薬剤師国家試験に合格することです。

一緒に頑張りましょう!!!

 

 

最新記事一覧

過去の記事