節目には大目標、毎日には小目標 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 12月 25日 節目には大目標、毎日には小目標

こんにちは!担任助手の五井です。

この時期はみんな、年の瀬を意識する頃ですね。

年末年始はどこでどのようにして過ごしますか??

僕は、2019年最後の1日は卒論を、

2020年最初の1日は卒論をやろうと思っています!笑

それだけでなく、

来年は新しい環境での社会人一年目が始まるので

その基礎をたくさん吸収する一年にしたいです。

ただ、卒論がある4年生は今の時期、卒論以外を考える余裕がないですね。。

今のうちからコツコツと終わらせる準備をしなければ。

こうした「節目」はこれからの自分の目標や、これまでの自分の反省を考えるのには良い時期であると思います。

「これまでの勉強は〜だった」

「今年は〜を重点的に勉強する」

「今年度は〜を完璧にする」

高校生の皆さんはこのような目標、反省が出るかもしれませんね。

ただ、ここで考える目標はあくまで

「今年」という長い期間での大目標です。

では、本当にその大目標を達成するにはどうすればよいでしょうか?

例えば「英語を完璧にする」という大目標を立てたなら、その過程における目標も設定しなければいけません。

つまり、毎日」における小目標を立てるということです。

大目標は基本的にかなり抽象的な内容になるでしょう。

それはそれで一貫した目標達成意識を持つために必要なことです。

しかし、抽象的であれば、どこまでが「達成」なのかが分からなくなってしまい、達成したと感じることが出来ません。

そこで、より具体的に「毎日○○を~時間やろう」という小目標を立てるとそれを一日一日達成することで、

大目標も「達成できた!」と感じることが出来るのです。

皆さんにとっての大目標は何でしょうか?

是非、2019年がもうじき終わる今のうちに、大目標を一つ考えてみてください。

そして、2020年にはそれを達成するための具体的小目標を立ててみてください。

きっとそれが達成し続けられていれば、2020年の12月31日には大きな達成感を感じることが出来ると思います!

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓