答案練習講座の進め方 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 9月 6日 答案練習講座の進め方

こんにちは!

担任助手1年の松井です。

   

夏休みが終わって1週間あまり。

受験生の皆さんは、二次試験の対策併願校を意識し始める時期ですね…!

そこで今回は「答案練習講座」の進め方についてお話しします。

   

「答案練習講座」とは、その名の通り、二次試験レベルの問題演習

(国立記述式、私大マークシート用のどちらの授業もあります)ができる講座のことを指します。

 

授業は英作文の演習現代文の記述演習数学の記述演習など様々あり、

自分が受ける大学の入試傾向によって、担任と面談をして決められます。

 

しかもこの講座、受講するだけでなく、自分の書いた答案が添削されて返ってきます!

 

記述型の問題って、なかなか自分一人では伸びを実感しづらいですよね。

答案を他の人に見てもらい点数化されることで、

客観的に自分の苦手を見つけて対策することができます。

   

ただ、二次試験の対策用の授業とあって、やはりレベルは高いです。

授業前の予習添削・返却された答案の復習は、時間をとって必ず行いましょう。

授業の内容が濃いため、再受講したり二周目の問題演習をするのも大切です。

ここの努力の差がそのまま成績の差として現れます!

   

また、私は夏休み明けの9月1日に、初めて第一志望の過去問を解きました。

 

早いうちから過去問の傾向を知れていると、

よりターゲットを絞った効率の良い勉強ができるのでおすすめです。

 

それからは、受講を数コマほど進めて力を伸ばしては、

大学の過去問を1年分ずつ解いていきました。

 

演習二周目では、一周目で注意された点を意識しつつ、

単なる問題の「答え」ではなく受講で身につけた「解き方」をふまえ、

より質の高い答案を作ることを心がけました。

   

答案練習講座は、今までの受講に比べてより一層入試本番の結果に直結します

難しい問題を解いていくのは精神的にきついかもしれませんが、乗り越えれば必ず成果は出ます!

 

頑張っていきましょう!

     

東進北千住校公式Twitterです~!!↓↓↓

 

 

最新記事一覧

過去の記事