模試での心構え&その後のアプローチ | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2016年 8月 26日 模試での心構え&その後のアプローチ

 

こんにちは!!

担任助手の保母です。

もうすぐセンター試験本番レベル模試ですね!!

 

そこで今回は模試での心構えその後のアプローチについて書いていきたいと思います。

 

まず模試を受ける意義を考えてみましょう。

模試というのはそもそも自分の現状の能力を測るという目的もありますが、

能力を測るだけならセンターの過去問を個人で解けばいいだけの話です。

だから!!!本番を意識しなければ意味がありません。

僕はそれなりに模試を本番のつもりで受けましたが、

本番で特に英語が長文を読んでいる途中に緊張で頭が真っ白になって失敗してしまいました。

 

それくらい本番は緊張するものなのです。

 

では、本番感覚で受けるためにはどうすればいいのか説明します。

鉛筆で受ける。

トイレをあらかじめ探しておく。

休憩は次の教科の勉強をする。

などなど他にもたくさんありますのでぜひやりましょう!!!!

 

次に模試を受けた後のアプローチです。

 

模試を受けた後は結果に一喜一憂せずに良かった点、悪かった点を自分で探しましょう。

 

この教科はこんな勉強方法を取り入れたから点数が上がった、

この教科は逆に下がったなど細部までしっかりと分析し、

次の模試はどういう風になりたいかを目標を立てることが大切です!!!

 

この夏の成果をしっかり見せ付けましょう!!!

 

明日の校舎利用状況

19時~20時スタートダッシュHR@三階中等部