朝起きるのが苦手な人へ | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 4月 13日 朝起きるのが苦手な人へ

こんにちは、北千住校担任助手3年の小林です!

 

今日は

「朝起きるのが苦手、、、。」

という人向けに書いていきたいと思います!

 

※に該当する人を除く

※睡眠時間が6時間未満しか確保できていない

→まず睡眠時間を確保しましょう。

睡眠を削ってまで勉強しても勉強効率も吸収率も良くないです。

※アラームをかけるが音が聞こえなくて起きられない

→携帯の場合、音量を聞こえるくらい上げてから寝ましょう。

それでも聞こえない場合音を変えてみるor目覚まし時計を買いましょう。

 

さて、ここでの「起きる」の概念は

×目を覚ます

〇体を起こす

になります。

 

かという私も学校や東進のために起きるのは苦手で、

二度寝、三度寝、、を繰り返し、遅刻をする常習犯でした。

なので、皆さんの気持ちは痛いほど分かります。

 

二度寝をしてしまう人は、

「まだ6時か~。

だ10分くらい寝ても大丈夫だから、ちょっとだけ寝よう、、。」

と眠いながらに考え、再び寝てしまう。

そして再び起きたら、時すでに遅し。

 

そして遅刻する人は、

学校の課題もギリギリに提出になってしまう

または、提出が遅れてしまうことが多くないでしょうか?

やらないといけないのは自覚しているが、

何事も後回しにしてしまう癖

があるはずです。

じゃあこの何事も後回しにしてしまう癖

をどうしたら改善できるのか。

 

5秒の法則(ルール)

というのをご存じでしょうか?

 

3秒ルールは

ほとんどの人が聞いたことがあると思います。

3秒ルール…3秒以内に落とした食べ物を拾えば食べても大丈夫理論

 

5秒の法則とは、

メル・ロビンスが提唱したもので、

例えやる気が出なくても

5秒でやらなくてはいけないことを出来るようになる方法

です。

 

↓時間がある方、興味がある方はこちらの動画をみてください↓

やり方は簡単

①やりたいこと、やらないといけないことが頭に浮かんだら

②それを5秒数える間に始める

これだけです。

「こんな簡単にできるようになるんだったら、

とっくに悩んでないわ!!」

と心の中で叫んだあなた。

 

人の脳は時間が経てば経つほど言い訳を始める

人の脳は本能的に現状維持を保とうとします。

その方が安全ですからね。

 

例えば、

学校の課題をやらないと、、

今日は疲れたから寝よう。明後日までだし、まだ間に合う。

スタバの苺?の新作おいしそう。でもダイエット中だしなぁ。

1つくらいいいでしょ!期間限定だし、今しか飲めないもん。

明日からまた頑張ればいいや。

 

これは、全部人間の脳の防衛本能です。

一度思考し始めても、抗うことは難しい。

 

じゃあ、脳が言い訳を考えだす前に行動しちゃえばいい

さて、ここまでの話を聞いて、

5秒法則を実践するかどうかは自分で決めてください。