日常に活きる数学 ~デキる人間が出来るのは?~ | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2016年 6月 30日 日常に活きる数学 ~デキる人間が出来るのは?~

 

 

 

こんにちは!

 

担任助手1年の金子です。

 

いよいよ今日が数学ブログ最終回となりました。

皆さんは数学の意味、なんとなくイメージできましたか?

 

 

僕は、数学ができることは全面的に良いことだと思います。

数学ができる人は二重の意味でスマートですよね。

どうも数学が好きになれない…という人は、”数学ができる人間は偏屈だ”という先入観が無意識に働いていませんか??

実際はそんな人間ばかりではないですよ!

 

身近な例だとピーター・フランクルがいますね。

あるいは読書が好きな人は、ポール・エルデシュという数学者の伝記を読んでみてください。

きっと印象が変わるはずです。

 

 

ありきたりですがこんな問題があります。

「テーブルの上に置かれた『A』『W』『8』『3』という4枚のカードの片面にはアルファベット、もう片面には数字が書かれているとする。この4枚のカードのついて『母音の裏には偶数』という対応が成り立っているかを確認するためにはどのカードをめくってみなければならないか?」

 

もちろん全部めくるのはナシです。

これは身近な集合と論理の問題ですが、分野を問わず数学への姿勢が日常生活に大きく関わってくると思います。

答えは1つしかないので、何度も”この方法で合ってるかな”と振り返ったり、自分が何をやっているのかを常に意識するのが数学です。

そんな姿勢を保っていれば、普段の生活でも”できる”人間になるはずだ、と思います。

 
 
カネコ