成績が伸びる人の「あたりまえ」 | 東進ハイスクール 北千住校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2021年 8月 24日 成績が伸びる人の「あたりまえ」

みなさんこんにちは~! 担任助手1年の大沼です🌼

先日、2年前にお世話になったオーストラリアのホストファミリーと

ビデオ通話でホームパーティーをしました🌏✨

約7,840㎞もの距離があっても、会いたい人とつながれて

この時代に生きていて良かったと改めて思いました🥺(笑)

 

前置きはここまでにして…

今日の本題はズバリ!!

効果的な復習方法についてです!

 

一昨日(8/22)第3回共通テスト本番レベル模試がありましたね!!

受験したみなさん、

自己採点はもちろんですが、復習には取り掛かれていますか??

 

あぁ、、後回しになってる…(;^ω^) という人

正直、気が抜けすぎです。

!!今すぐ!!

問題と解答解説、ノートを開いてはじめましょう!

 

なぜ、今すぐ なのか

それは脳科学的に最も効果的な復習サイクル

学習した翌日に1回目(の復習)

その1週間後に2回目

さらに2週間後に3回目

さらに1カ月後に4回目 とされているからです。

 

また、有名なエビングハウスの忘却曲線からも、

記憶を長期的に定着させる復習には

➀早い段階で

②繰り返し

行うことが効果的だということが分かります。

問題の傾向や解き進め方、単語や漢字など…

模試を受ければ、復習すべきことは自ずとたくさん見つかるはずです。

 

また模試に限らず、受講過去問演習に関しても同じことが言えます。

模試の後は、模試ノート

過去問の後は、過去問演習ノートにしっかりまとめて復習しましょう✏️

 

模試の後はもちろん、日々の学習から

当たり前に復習をしている人は、

着実に成績を伸ばしていくことができます!!

学習と復習はセットで行い、習慣化することが必要です🔄

 

以上 効果的な復習方法についてお話ししました!

 

最後になりますが、私が受験生の頃に出会った言葉を紹介します!

“A man who dares to waste one hour of time has not discovered the value of life.”

イギリスの自然科学者で、あの『進化論』を提唱したチャールズ・ダーウィンの言葉です。

「1時間を平気でムダにできる人は、人生の価値を理解していない」

ということです。

 

その1時間で、自分や誰かの幸せを叶えたり、

人生を豊かにしたりするための何かができるのでは、?と考えさせられます。

 

ついダラけてしまったり、勉強を後回しにしてしまいたくなる時もきっとあると思いますが、

受験は、その1時間30分1分1秒

簡単に合否が変わる世界です。

 

人生かけて闘おうとしている人はもちろん、

受験勉強にという時間を費やしているみなさんには

本番までの限られた時間

決してムダにして欲しくありません。

 

復習を効果的に!時間を有効に!

前のめりになって学習を進め、

合格を掴み取りましょう❕❕

   

がんばれ、北千住校!

受験生!!💪🏻

 

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓

最新記事一覧

過去の記事