情報系を専攻したい人へ | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 5月 23日 情報系を専攻したい人へ

こんにちは!担任助手の三井です!

今日は自分の専攻している分野の話をしていきます!

自分の専攻しているのは”情報”という分野ですが、

主にコンピュータを使ったIT技術の学習をしています。

自分ももう大学三年になり、就活という言葉が現実味を

帯びて来た頃で、自分の学んだことをどのように強みに

していこうか考え始めました。

そこで、これから情報系の大学を視野に入れている人や、

プログラミング等ITスキルを今のうちから身に着けておきたい

という方に向けて、もし情報専攻の学生になったらしておいた

方が良いことをお話します!

上に該当するような人はほぼ間違いなくプログラミング言語を

学習するわけですが、大学では計算をプログラムを書いて解く、

という作業が最も多く、4年通して4つ前後の言語を使います。

自分は今まで3~4種類の言語を大学で学んできました。

そこで気づいた大学以外で(独学で)すべきことなのですが、

まず何のためにその言語を選んだのかを決める

→これは、初心者にありがちなのですが、プログラミングを

掴むために、取り合えず〇〇でいいや!という感じで

学習する言語を選ぶ人がいます。

相当学習熱意があるなら別ですが、そういう言語の選び方を

してしまうと『これができて将来何の役に立つのだろう』

と、徐々に意欲がそがれていってしまいます。

ではどうすればいいでしょうか?

最初に作る”もの”を決めましょう!

→まずはプログラミングの概要をネットで調べましょう!

どの言語がどういう用途で使われているのか、最低限

必要な知識です。

その上で、自分の作りたいものを決めていきます。

最初はハードルを低くして”時計”だったり、

昨日の単純なものから作っていって、最終的には

実際に自分や他人のためになる”コンテンツ”を

作る計画を立てます。

最初のハードルの低いものは、〇〇入門といった本よりは

実践的な専門書を買えばよいと思います。

〇〇入門といった本は知識を網羅的に書いてある本で、

演習部分も大学の授業のような計算等をさせられるもので、

辞書のような使い方をします。

大学の授業で欠けていると思うものは、”何か成果物を創る”

ということだと思います。

これから大学生になる情報系志望の方は、

どんな小さなことでも結果を残す、という意識を

してみたらよいと思います!