当日あるのは「期待」か「不安」か。 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2020年 2月 16日 当日あるのは「期待」か「不安」か。

こんにちは、担任助手の五井です。

 

こんな経験をしたことはありませんか?

 

定期試験などのテストで勉強をしていない科目(地歴などが多いでしょうか)の試験開始前、

問題冊子が配られ、解答用紙が配られているとき、

既に、問題用紙を開くことを躊躇ってしまう。

ついでに、解答用紙の記述っぽい空欄の所に対してただならぬ恐怖心を覚える。

2、3行にも及ぶ記述欄があったときには、即座に視界から消す。などなど。

 

これは実際に私が経験した事なんですけどね。(笑)

 

逆に、こんな経験をしたことはないですか?

 

前日まで、完璧に仕上げてきた科目の試験開始前、

問題と解答用紙が配られると、すぐに解きたくなってしまう。

何なら記述解の部分を見つけたならば、「他のやつと差を付けられるチャンスだ!」と思う。

試験中早く終わって、見直しもし終わると、早くも答案返却日と成績公開日を待ちわびてしまう。などなど。

 

これも、実際に私が経験したことです。

 

この二つの試験、どちらも平均点は同じくらいだったので、難易度に差はなかったと思います。

それなのに、試験開始前の段階からもう、気持ちの持ち方が全く変わっているんです。

受験に必要な物はひたすら勉強することだ。と言われますが、

もっと根本的に必要になるものがあるのです。

それが、上の例で見た「試験前の期待」です。

 

試験を受けるの前から、この科目で高得点を出すのが楽しみだ。

この第一志望校に入って自分は、こういうことをやっていこう。

こうした「期待」が最終的に受験当日、一番力になるのではないでしょうか?

 

そして、この「期待」を持つために、日々の科目勉強があり、演習作業が必要になっていくのです。

逆にこの「期待」がなければ、当日皆さんの中に生まれるのは「不安」という感情になるでしょう。

皆さんの試験当日には「不安」がありますか?、それとも「期待」がありますか?

どちらを持つも、皆さんの一日一日次第だと思います。

 

そして、どちらが受験当日自分の将来の成功につながるか、それも上にしめした通りです。

皆さんの受験が将来への「期待」であふれることを願っています。

   

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓

過去の記事