帳票が返ってくる前に、自分の点数を知る! ~自己採点の大切さ~ | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 6月 21日 帳票が返ってくる前に、自分の点数を知る! ~自己採点の大切さ~

こんにちは!担任助手の五井です。

全国統一テスト、いかがだったでしょうか?

4月の模試から、自分の努力が反映された結果が出たでしょうか?

この前、生徒からこんなことを言われました。

「全統、めっちゃ悪かったです。だから点数見るの怖いんで、自己採点してないです。。」

もったいない!!

確かに、悲惨な結果になってしまったとき、目をそむけたくなる気持ちは十分分かります。。

(ここだけの話、私もその傾向がある生徒でした。。)

でも、悲惨な結果になった時こそ、自分の点数を上げられるんです!

満点をとった人はどこを復習しますか?

することは皆無です。

でも英語が100点だった。。

その人には100点自分が伸びる(伸ばさなければいけない)余地があります!

自分ができたところ、できなかったところそれを把握しなければ、100点どこで伸ばすかもわからないままです。。

なので、ぜひ試験終了後はすぐに自己採点をして、自分の得点(あと何点伸ばせるか)を把握してください!

今話したことも重要ですが、もっと大事な意味が自己採点にはあります!

それは、一般受験出願のプラン立てです!

センター本番で何点とれたかを把握することで、

この大学は一般でも出願した方がいい、

この大学は出願しなくてもいいなどの、プラン立てをすることが出来ます。

なので、本番では必ず自己採点をする必要があります!

その癖を今のうちから、ぜひ身に付けておくようにしてください!

 

まずは、今回の全統の問題用紙を開いて、

解説を見て自己採点をするところから始めてみましょう!

       

東進北千住校公式Twitter↓