師走の候、地歴復習法 | 東進ハイスクール 北千住校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2021年 12月 8日 師走の候、地歴復習法

こんにちは!

北千住校担任助手3年高野です。

 

今日は高校3年生に読んで欲しい内容です!

受験生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

単元ジャンル別演習の50%を目指して

ひたすら演習に励んでいる人も多いと思いますが、

演習の中にも復習を通じてインプットを作ることが重要です。

 

日本史世界史は特にそうだと思います。

この時期には教科書一問一答を通じた

インプットのまとまった時間が取れない時もあると思います。

そんな時は単元ジャンル私大の過去問

間違えたところをより丁寧に復習することで

「アプトプットの中にもインプットを作ることが可能になる」と

自分は思っていました!

(写真参照)

私立大学の問題を何回も演習を通して解き、

上記のようにまとめていると

段々と

「あれ、、明治で出たとこ全く同じ聞かれ方で法政にも出てるな。。」

みたいな感じで意外と同じようなところが

出題されることがわかると思います。

大学の教授が日本史世界史の単元の中でも

何を重要として受験生に理解しておいてもらいたいのか

出題者の意図まで復習を通じて理解することができます!

 

直前期に最も成績が伸びるのが

毎年の受験生の特徴です。

その中でも

今までの努力量といった蓄積が

全く関係なく

「やればやるだけ」

伸びるのが地歴です。

1つ1つの演習を無駄にしない復習法

を手にして

地歴を自分の強みにしてください!!!!

 

がんばれ🔥北千住校!!

   

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓