失敗から学んだこと(夏休み編) | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 7月 8日 失敗から学んだこと(夏休み編)

こんにちは!

担任助手1年髙野です

今回は夏休みの過ごし方について自分の経験を踏まえて書いていきたいと思います。

ご存知の方もいると思いますが、

自分は現役時代受験に失敗して1年浪人して大学に入学してます。

じゃあ高3のは勉強してなかったのか、

というとそうではありません(笑)

基本毎日朝から東進にいって勉強して成績も伸びたけど

自分的にはもっと伸ばせたと後悔してます、、、

現役時代の夏休みの過ごし方について今振り返ってみると

計画を立てずただ量だけを求めて勉強していました、、、

計画を立てずに勉強すると特定の科目に偏った勉強になってしまいます。

自分の場合、私立文系だったので、

センター英語の得点の大部分を占める長文の演習

日本史を中心に(というよりほぼそれだけ)

勉強していました。

その結果、

8月の東進模試では英語日本史については期待以上に成績が伸びました。

しかし、

古文英文法

私大特有の癖のある英語の長文問題

後回しにしてしまったのでそれが

以降伸び悩んだ原因になったと思います。

何が言いたいかというと、

成績を上げるために勉強量は当然必要ですが

その「量」というのは綿密な勉強計画を立てた上での「量」ということです!

これが現役時代の失敗から学んだことです。

机に向かう前に冷静になって今の自分には何が足りないのか、

この夏休みで具体的に何をやるべきか、

自分の志望校の試験日から逆算して

計画を立てて勉強しましょう!

勉強計画の立て方が

イマイチよく分からない、、

なんて人は今のうちに担任助手に相談してみて下さい!

もちろん自分も相談に乗りますよ!(笑)

 

言われなくても計画立てて勉強してるわ!

なんて人がいたらごめん、、

今日のブログは流して(笑)