天王山 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2020年 8月 5日 天王山

こんにちは、担任助手3年の齊藤です。

8月に入り梅雨も明け、暑い日が続いていますね。

こまめに水分補給を行い、体調管理を徹底してくださいね。

今日は、受験における“夏”の話をします。

夏休みは良くあるものに例えられますが、わかりますか?

そうです。

天王山

ですね。

ここで、僕の高校生の時の学年主任の先生の言葉を教えましょう。

高校2年の夏こそ、受験の天王山

先生は言ってました。

高2の夏の学力が結果受験に反映されると。

まずは、低学年、つまり、高校1年生、2年生のみなさんに質問です。

受験における‘差’はいつ出来るのでしょうか?

それは、今です。

あの、言葉が言いたいのがそれです。

現役合格者と不合格者の高校3年の1年間の学習量の差はたったの4時間程度です。

つまり、高校3年生になってからでは差をつける事はできません。

今こそ、学習量を上げ、周りとの差を広げるチャンスになります。

まずは、朝から勉強しましょう。

次に、受験生のみなさん。

開いた差は認めましょう。

いかにして縮めるかを考えるのです。

行きたい大学は決まっていますか?

その大学のことをどの程度知っていますか?

まずは、過去問を解き、その大学についての情報を入れましょう。

敵を知り、己を知るのです。

それから自分が登らないといけない山の最短ルート知り、一歩一歩、歩みを進めましょう。

まずは、明日の朝8:00から勉強をしてください。

1日15時間の学習量を確保してくださいね。

それでは。また、

 

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓