大学での数学 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2016年 7月 5日 大学での数学

 

 

 

こんにちは!!

担任助手の日向です。

 

前日までの流れ通り、今日も数学に関するお話をしたいと思います。

 

まず自分は、

東京理科大学 理学部 数理情報科学科

の4年生になりますが、

学科名の中に数理というワードが入っているだけあって、数学を重点的に勉強しています。

情報というワードもあって、プログラミングなどもやるのですが、

自分が3年と数か月過ごしてきた感覚だと、数学の方をメインに勉強してきました!

 

さらに!!

なんと自分が大学を卒業した後、応用数学科という名前に変わるみたいです(笑)

 

自分が大学でやっている数学をざっと説明すると、

すごい複雑な方程式とか行列を色んな解き方(ニュートン法、LU分解とか)で解いて、誤差やどの解法が一番早く解けるのか、を比較したりしてます。

手計算だと中々厳しい内容なので、プログラミングを使って解いたりしています。

 

自分が日常生活で、数学をやってて良かったなーと感じることは、

コンビニとかで支払いをするときに、自分のお財布の中の小銭が少なくなるように、自然に頭で計算できていることです

自分のお財布には1円玉が5枚があるような状況は絶対無いということです(笑)

 

実際、日常生活で数字というものは必ず出てくるものです。そのような細かい部分でも数学力というものは、生きてくると思います。

なのでみなさんも引き続き頑張って数学やっていきましょう!!!

 

明日は山口担任助手が、数学についてブログを書く予定です。

経営学部に通っているということで、わりと数学には関わる機会が多そうですね

僕も楽しみです!!

 

【明日の教室使用状況】

 19:30-21:00 3階中等部は使用不可です。

 

最新記事一覧

過去の記事