夏休みの中の生活の振り返り方について解説 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 8月 30日 夏休みの中の生活の振り返り方について解説

今日は8月30日ということで、夏休みも終わりです。

約1ヶ月にも及ぶ長期休みでしたが、これからの過ごし方を考える前に、まずは夏休み中の過ごし方を振り返ってみてください。

授業がないため、自由な時間が多くありました。

勉強時間は多く確保できたでしょうか。

この振り返りを行うときに2つの視点から振り返ってください。

1つ目は、自分が納得できるかどうか、です。

自分の夏休みの過ごし方に満足できますか。

自分が納できるという事は自分の中の基準を満たせたということです。

まずは自分の中での判断を下してみてください。

2つ目は、客観的にできたかどうか、です。

例えば、受験生であれば、1日15時間を目安に勉強しなくてはいけません。

このように、必要最低限の基準を満たせたか、客観的視点から振り返ってみてください。

受験は自分1人との闘いではなく、競争相手がいるものなので、正しい基準でこの観点から自分を振り返ることは必要です。

このように自分を振り返ったうえで、夏休み以降の計画を立てていきましょう!