共通テスト本番レベル模試について | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2020年 2月 7日 共通テスト本番レベル模試について

こんにちは!

担任助手3年の山田です!

本日は共通テスト本番レベル模試についてお話します!

そもそもみなさん、共通テスト

センター試験の違いって

知ってますか?

記述になるーとか、難しくなるーとか

抽象的なことはなんとなく聞いていると思います。

みんなに1番押さえておいてほしいことは

英語のリスニングについて

です!

そのリスニングについて特に抑えてほしいポイントを

1つだけ伝えます

 リーディングとリスニングの配点が1:1になる

今までは250点満点のうちR:200点 L:50点

だったのですが

共通テストになるとR:100点 L:100点

となります。

何が言いたいかというと、

みんなは今までリスニングの勉強ではなく

ほとんど単語、文法、長文など

リーディングの勉強をしてきましたよね??

それでも完璧にリーディングができるようになっているわけではないはずです。

てことは、リスニングの勉強に今までリーディングにかけてきた以上に

これから時間をかけていかなければいけないということ。

結構やばくないですか?(笑)

他教科もある、そもそもリーディングすらできない、

そのうえリスニングも・・・

きっと共通テストに代わって一番抑えなければいけないのは

ここでしょう。

理解していただけましたでしょうか?

これにプラスしてあと4点ほどお伝えしたいのですが

それはまたのちの機会とさせてください(笑)

最後に伝えたいのは、では今なにをすべきなのか?

それは、模試を受けて自分の現在地を知ること

現在地を知り、志望校との差を測り、一番近道の勉強法で勉強していかないと

間に合わないですよね??

だからまずは模試を受けてみる。

そのあとにもしよければ我々が成績を一緒に見ながら

一番近道になる勉強法を一緒に考えてみたいと思っています。

このブログを読んで少しでも共通テスト本番レベル模試受けてみようかなと思ってくれたら

幸いです!

では!頑張ってくださいね!