併願校対策について | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 10月 14日 併願校対策について

 

こんにちは!担任助手の小口です!

私は10月は部活のリーグ戦があり、毎週日曜日は試合

忙しい日々を過ごしています。

おかげでレポート課題がたまっています…

皆さんは、きちんと課題はためずにやってくださいね(笑)

 

さて!今日のテーマは、併願校対策についてです。

みなざん、もう志望校の過去問を解き始めていると思います。

多くの人は、第一志望校の問題を解いているのではないでしょうか?

でも、過去問は併願校も解かなきゃいけないですよね!

併願校と第一志望のバランス、しっかり考えられていますか?

第一志望校は10年分を解く!!

と言われていると思います。

じゃあ併願校は?何年分?どれくらいのペースでやるの?

 

私は、国立志望だったので、国立の第一志望の過去問を10年分、

私立の第一志望の過去問を10年分

それ以外を、志望順位によって、5年分・3年分

という風に解いていました。

とくペーストいうか、配分としては

国立:私立第一:それ以外=3:2:1くらいのイメージですかね。

やはり大切なのは、第一志望校の過去問を解き、しっかり分析・対策することですが

併願校でもやるべきことは変りません。

志望校や志望学部によって、併願校対策の割合や仕方は変ってくると思うので、

分からない人は担任助手に聞いてくださいね!!!