今やるべきこと | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 12月 9日 今やるべきこと

こんにちは!担任助手の三井です!

12月に入ってもう1週間ほど経ちましたが、

皆さん体調管理はいかがですか?ついこの間

20度を超える気温になったりして、不安定な最近の

気候ですが、インフルエンザ等十分に気をつけて過ごしてください!

さて、今日は受験生のこのセンター直前の時期の過ごし方について

お話していきます!

東進生の皆さんは夏から今までの流れとしては、

センター過去問→各大学の過去問

という大まかな枠の中に受講や過去問で浮き彫りになった

苦手部分の修正、というような時間の過ごし方をしてきたと

思います。そうなると今の時期は大学の過去問を数年分

解き終わっていて、傾向が何となく分かってきた頃だと思います。

そんな中センター直前という意識も強くなってきてセンター対策に

一旦シフトすべきなのか、どうなのかという選択に迷っている方も

いるのではないでしょうか?

これは受験形態によるので個人個人に担当からの指導は入りますが、

センター試験を利用した受験を考えているならば、夏にやったような

対策を今一度行うべきなのではないか、と自分は思います。

理由としては、ほとんどの方が気づいていると思いますが、

センター試験と二次試験とを比べると問題の解き方、頭の

使い方が全然違います。

例えば数学を例にとると、センターは二次に比べると易しい問題を

解けること前提で出来るだけ速く解くことが求められます。

一方二次試験では、複数の分野の統合された難易度の高い問題を

出来る問題を見抜いてして丁寧に正確に解いていく、というものです。

どちらも速さ、正確さは高いことに越したことは無いですが、

問題を解いている時にどちらを意識して解くか、という点で

異なる部分ではないかと思います。

このような理由で、夏終わりから今まで二次試験の解き方に

どっぷりとつかった自分の頭を一度センター試験を解くための

頭にシフトする必要があるのです!

具体的に何をやるかは、夏解いた過去問の点数の低かった年を

もう一度解いてみる他、この3か月少しで分かってきた自分の弱点

を埋める為に大問別演習や薄い問題集等を解いてみてもいいかもしれません。

センター試験まであと1か月と少しですが、一旦自分の

勉強を見直してみてはいかがでしょうか??

 

過去の記事