セン利への心構え | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 12月 8日 セン利への心構え

大学の講義にスタバ持参の女の子

大体海外ドラマ好き

こんにちは、担任助手1年髙野です。

今どき100円あればコンビニでドリップコーヒーが飲めるのにスタバを持参するあたり意識の高さを感じちゃいます。

あ、僕ヘソ曲がってますね

 

そんな温かいコーヒーが美味しく感じる寒い季節になりました。

センターまで残り40を切りましたね。

今日は題した通りセンター利用への心構えを書いていきます。

皆さんも先輩から話を聞いたりして

もう知っているかもしれませんが、

センター利用の合格圏ボーダーは

年度によってとても大きく上下します。

センターでとる人数が極端に少ないのか、

毎年出願者が大きく上下するためなのか、

理由は分かりませんが

とにかく

  ボーダーを信用してはいけない

というのがここ最近の考え方だと思います。そのため、

センター利用に関しては

例えボーダーを超えても、

受かったらラッキー」

くらいに割り切って考えることが非常に重要だと思います。

滑り止めの大学はセンターだけでなく

一般でも受けるように担任の方からも言われるでしょうし、

特に私大が第一志望の人はここでの結果に一喜一憂しないことが大切です。

自分は私大が第一志望だったので

12月に入ってからは

私大を解きながらセンター対策をして、

センター2週間前になったら

大門分野別を使ってセンターだけを対策するようにしていました。

センターはセンター。私大は私大。

割り切って考えよう!

最新記事一覧

過去の記事