センター演習の復習法!! | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 8月 5日 センター演習の復習法!!

こんにちは!!2年生の小口です。

先日ようやく試験が終わり、夏休みに突入しました!

今年の夏休みは、部活の合宿や牧場実習があるので若干短いです(泣)

 

さて、皆さんは夏休み、もちろん勉強ですよね。

そして、通期講座も終わりセンター演習量が増えるかと思います。

センター演習しましょう!といっても、ただ演習しただけではもちろん成績は上がりません。

センター演習も復習が大切になってきます!!

 

じゃあ具体的にどうやったらいいのか…

今回は私が生徒のときに行っていた方法(英語、数学、理科)を紹介したいと思います!

【英語】

発アクついては、解説や音源で確認し、音読をしていました。

4択の文法問題は、まず各問を3種類に分け、各種類ごとに対策していました。

自信を持って正解できたもの⇒解説を読んで確認のみ

なんとなくこれ、とやったら正解したもの

⇒解説を読み、なぜその答えになるのか他の選択肢はどこが間違っているのかを確認、数日後に解き直し。

全然わからなかったもの⇒解説をよく読み、ネクステなどの文法書で、ポイントを整理。数日後に解き直し。

また、文法は人にその答えになる理由を説明できるまで理解するようにしていました。

長文については、分からなかった単語や熟語の確認と、内容の把握、答えの根拠が

自分の考えと解説で同じかどうかなどを確認していました。

【数学】

数学は、時間があれば解けたであろう問題については、時間制限を設けずに解き直しをしていました。

きちんと解けた場合は、自分の解法と解説を見比べ、時間短縮できる部分がないか、そのためにどうするか

というのを確認していました。

また、ほとんど解けなかった問題については、解説を見ながら解き直しをして、

分からない場合は解説授業などを見ながら理解できるようにし、

数日後に何も見ずに解き直して、完答できるようにしていました。

【理科】

理科は、生物と化学を使っていましたが、どちらも間違えた問題は

解説を読み込み、理解できるようにしていました。

計算問題などは、公式の確認をして、何も見ずにとけるようにしたり、

類似問題を解くようにしていました。

また、自分でよく間違えるなー、忘れがちだなーというものは、

ポイントを整理して、自分専用のまとめノートを作っていました。

 

いかがでしたか?

復習方法は一つではないし、それぞれに合う方法があると思うので

今回紹介した方法は、一つの参考にしてみてくださいね。

他の教科やもっと具体的な話が聞きたい、という人は

遠慮なく受付にきて下さい!!

限りある時間を有効に使って夏休みを過ごしましょう!!