これから受験生になる低学年たちへ | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2020年 10月 15日 これから受験生になる低学年たちへ

こんにちは、東進ハイスクール北千住校担任助手の上岡です

今日はタイトル通り低学年に向けての話をします

低学年の皆さんは来る12月から新高校3年生、つまり受験生として東進で勉強をしていくことになりますよね

新しい学年への切り替え時期に向けて、わくわくするような講座を取得した方も多いと思います

さて、では「低学年」「受験生」の違いについて考えた経験はあるでしょうか?

  • 低学年→まだ本腰を入れて受験を考える必要はない人たち
  • 受験生→受験を本格的に考え始める時期のこと

ぐらいの認識の人たちが多いと思います

受験生についての認識はそれでも構いません

が、低学年のことを”まだ本腰を入れなくてもよい”学年と思っている人は

今すぐ考えを改めましょう

そもそも受験生低学年の境界ライン(東進では12月)を越えたからと言って

物理的に何かが劇的に変わることはありません

低学年から受験生までの道のりは滑らかに、そして連続的に続いています

受験生になってからまじめに考えればいいやw」という考えでは

絶対に受験生になってからまじめに考えないでしょう

低学年の人たちに意識してほしいのは

今の自分たちが来年の自分たちを創る、ということを

忘れないことです

 

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓