この時期の受験生の悩み | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 11月 16日 この時期の受験生の悩み

皆さんこんにちは!担任助手の三井です!

本日はテーマの通り、”この時期の受験生の悩み”

について自分が思いつくものをお話していきます!

受験生がこの時期で悩みになるのは

以下のパターンが多いのではないでしょうか??

①大学の過去問もある程度進んでいるが、なかなか点数が伸びない

②受講や基礎固めの参考書が終わらず、過去問が少ししか進んでいない

この二つを計画という観点で解決しようと思います。

まずについてですが、原因としては

・基礎力

・時間配分

・解いた後の分析

などが挙がると思います。特に過去問が

ある程度解けていて、点数が伸び悩んでいる人は

下の二つが原因となっている可能性があります。

 

<時間配分について>

過去問を解くときに皆さんはその過去問の制限時間

をしっかり計って解いていますか?それともじっくり

解いていますか?

たしかに時間を気にして解くことは

実践的な配分の感覚を身に着けることができますが、

実践的な分曖昧な根拠で回答して”たまたまあってた”

なんてこともあったりして、解いた正答率が自分の

実力 + 運になってしまってるところがあります。

”運も実力のうち”なんていいますが、受験は運に

頼るものでもありません。ですので結論として

上で言った二つの方法はどちらとも大切なのです!

そしたらまずはどう取り組めばよいか、ということを

自分の経験から話しますと、

アラーム機能ではなくストップウォッチ機能で

自分の解答時間を計り、問題はじっくり

というのがベストだと思いました。

こうすることで、ちゃんと自分で考えた解答を

しつつ、解答時間を記録できるので実力のみの

タイムを計ることができて、これをもとに目標を

立てることができます。

<解いた後の分析>

時間配分のところでも話しましたが、

曖昧に解答した問題や、解けなかった問題を

そのままにしておくことが”全然伸びない”

という人の原因だったりします。

自分は解けなかったところは数時間後や翌日

もう一度解いて解けなかったら翌日・・・のように

徹底的に自分の弱点を処理していくことに

専念していました。

これは一つの例ですが、

それぞれ自分なりの方法を確立できると

なおいいと思います!

”ケアレスミスをしてしまった!”というのも

よく聞きますがそれはミスと何も変わらないですよ!

原因が計算の正確性や記憶の正確性など、

解答をしっかり正確に行えていないということなので

軽く受け止めず行うのが少しでも点数が上がる方法だと思います。

の状況に至っている人はおそらく”時間がない!”

と苦しんでいると思います。

過去問を時期的にこなさなければならない状況

に加え、にもかかわらず中途半端な自分の学力で、

今まで予定通り進んできたものの現実的に

成績が努力に追い付かずどうしたらよいかわからない・・・

という状況ではないでしょうか??

こういう状況の時、新たに参考書を買ったり打開策を

練ろうと試みる人が多く見受けられます。

自分も経験しましたが、この状況でまたTODOを増やしたら

さらに自分を苦しめることになります。

まずすべきことは、

・自分の以前立てた計画を再確認する。

・優先順にしてピックアップして月・週間予定

に組み込むということです。

もちろんこの方法も人による、と言ってしまえば

その通りなのですが、自分の経験ではなるべく

状況を変えない方向で見直すのが吉だと思いました。

こんな感じで二つのありがちな悩みと

解決策の一つを挙げてみました。

皆さんももし上のような状況に陥っていたら

一度考えてみてください!