いよいよ本番シーズン! | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 1月 27日 いよいよ本番シーズン!

こんにちは!五十嵐です!

いよいよ1月も後半で私立大学の入試がちょこちょこ始まってくる時期ですね!

みなさん、準備万端でしょうか?

センター試験とは試験時間や解答方式が違う私立入試。

そして何より難しい問題が多いですよね。

しかし、合格をするには私立大学の難しい思考問題、応用問題を突破しなくてはなりません。

確かに入試では自分の得意な所がたまたまでたとか、運がよかったとか、合格者の人は色々なパターンがあります。

ネガティブにとらえてほしくはないですが、逆に不合格になってしまった人はどうでしょう?

これは林修先生が言っていたことなのですが、勝負の世界の歴史をみると勝者には様々な理由があるのに対して

敗北者には一定の共通点があったそうです。

それは

1.情報不足

2.思い込み

3.慢心

です。これを聞いてぼくの現役時代の受験シーズンを思い出しました。

すると、確かに不合格になった大学の原因はこの3つに集約されるなぁと思いました。

ぼくの場合、まず情報不足は単純な過去問研究不足でした。第二志望だからといってあまり過去問を解かず、どこがでるかも曖昧なまま本番を迎えていました。

次に思い込み、本番の試験中できない大問があり「これは絶対できない」という先入観にとらわれ本番まったくできず、終わったあとに復習で解いたら小さな計算ミスでまるまる落としていました。

あれほど悔しい思いをしたことはありません。

最後に慢心、これは完全に第二志望だからとか自分で勝手に理由をつけ「大丈夫しょ」みたいな感覚でいました。完全に慢心です。

このように、敗北の原因には一定の条件がある

条件が見えてればそれに対して対策できる!

みなさん、この3点を踏まえてもう一度準備が万全か確かめましょう!

そして、何より最後まで全力でがんばれ!