【高1・2年】”受験生”になる意識 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 1月 24日 【高1・2年】”受験生”になる意識

こんにちは!担任助手の三井です!

今日は”受験生になる意識”ということで

受験を控えた低学年の方向けのお話をしていきます!

今まさに受験真っ最中のシーズンですが、

周りの受験生や先輩の様子はどうでしょう?

あまり意識していませんか?そうですよね、

じぶんも受験生になる前は今まさに受験している

先輩の状況なんて考えもしなかったです。。。

代わりにここで今受験生はどんな状況で

勉強や入試本番に臨んでいるのかを

教えていこうと思います。

今多くの受験生の大体のスケジュールとしては

センター試験を終え一段落をついている、または

もう二次試験が始まっていている

と言ったところです。

どんな感情なのかはそれぞれですが、

年明けから意外に時間が短く焦って

二次対策に取り掛かっている人もいれば、

計画通りセンター試験からの切り替えに成功

して、落ち着いて対策に取り組んでいる人もいます。

以上が今の受験生の状況ですね。

人それぞれといえばそれぞれですが、

個人個人が自分の課題を必死に潰していっている

という状況です。

特に高2生は一年後こんな風になる、

と想像してみ下さい

今の自分に足りないスキルがたくさんあると思います。

例えば”自分の”勉強ができていますか?

学校の課題や授業の為の予習、

それだけで学校生活を送っているのは

“勿体ない”です。

自分の実力を測って

課題を定期的に見つけるっという作業は

どの分野においても必須です!

他にも”毎日必ず~する!”

や、”今月・今週・明日の計画を立てる”

ことってできないですよね。

受験生になると1年弱と言う長いスパンで

計画を立てる必要があり、日々それをコツコツ

こなしていかなければなりません。

そこで必要なのは”習慣”です。

自分をコントロールして毎日のTODOをつけて

行かないとどんどん計画が破綻していって

取り返しのつかない量のタスクが残ってしまいます。

睡眠もその一つで自分は必ず7時間寝る!と決めて

毎日22:30~翌5:30に睡眠すると決めていました。

もうすぐ受験生になる2年生や

最近怠惰な生活を送ってるなーと感じている1年生も

意識してみてはどうでしょうか??