【本科生向け】夏休みの勉強 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 7月 8日 【本科生向け】夏休みの勉強

こんにちは!!2年生の小口です。

毎日暑いですが、夏バテしたりしていませんか?

体調を崩してしまうと日々の勉強にもひびいてきますから、

体調管理も怠らないでくださいね!

さて、今日は本科生の皆さん向けに、

夏休みの勉強について話たいと思います。

 

さあ、本科生諸君!!いよいよ夏休みだ!!

と言われても、学校がないからよくわかりまんよね。

毎日、校舎に来て勉強しているみんなにとっては、普段と何が違うんだ。って感じですよね。

夏休み、何が一番変わるか、それは…

 

今まで君たち本科生しかいなかった時間帯に、

たくさんの現役生がいる!!!

ということです。

夏休みが始まれば、高3生はいよいよ受験勉強に本腰を入れ始めます。

開館と同時に登校し、閉館まで勉強する。そんな生活が始まります。

これって、誰かと同じですよね?

そう、今までの本科生の皆さんと同じなのです!!

多くの受験生が伸びる夏、本科生と同じ生活をしている。

ということは、今までの本科の生活では現役生と差がつきにくくなります。

まずはこの事をしっかりと自覚した上で勉強してください。

 

じゃあ夏に何をするのか。

まずは、今までやってきたことを当たり前に継続すること。

朝はちゃんとHRまでに登校する。毎日高マスをやる。修判をSSにする。

これができてこそ初めて、しっかりと成績を伸ばすことができるのです。

そして、センター演習、志望校の過去問演習を進めること。

北千住校の本科生の皆さんは、先日のHRで過去問分析の大切さを伝えたと思います。

過去問は、演習する為にやるのではありません。

自分と志望校を知る為にやるのです。

とにかく、数年分でいいから過去問解いてください。

そして、夏の間に自分に何が足りないのか、自分の志望校は何を求めているのか、

しっかり分析してください。

それから、夏休みの間に、弱点をつぶして、秋に本格的に演習に取り組めるようにしてください。

今後、新たな講座も追加されると思いますが、そちらも計画を立ててしっかりと受講、修判を受けること。

 

もう1度言いますが、大切なのは

当たり前の事を当たり前にやる事。

これができない奴は伸びません。

頑張ろう!!

 

東進北千住校公式Twitter↓