【受験生・理系向け】この時期の参考書 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 9月 30日 【受験生・理系向け】この時期の参考書

こんにちは!担任助手の三井です!

 

今日は特に理系の人に向けた

参考書の選び方、取り組みかたを簡単に紹介していきます。

 

特に受験生の方は夏休みも終え、

徐々に各々の志望レベルまで問題のレベルを

上げてきていると思います。

 

そこで効率よく学習するために参考書を選ぶ方も

少なくないと思いますが、皆さんは参考書を選ぶとき

どのように選んでいますか?

   

ネット上の評価でしょうか??

それとも本屋でパラパラ見て決めていますか??

   

参考書って一回解ききるだけでも

相当な時間がかかります。

さらに知識を定着させるには

何周もその参考書を解いた方が良い、

というのは皆さんも理解してきていると思います。

だからこそ今の自分に本当に必要な参考書を選ぶことに

失敗してしまうと、

大きな時間のロスになってしまいます。なので参考書は

自分の思っている以上に慎重に選びましょう!

選び方のコツとしてはまず自己分析しましょう!

これは必須です!

そもそも参考書を買おうと思ったということは

何かしら自分の課題を見つけたということになります。

しかし、その課題を解決したときのリターンが自分の

最終的な成績を上げるのにどれだけ重要でしょうか?

自分の意識外にもっと大きな苦手な教科

分野が潜んでいたりもっと伸びしろの

大きい要素があるときがあります。

なのでまずはその参考書で自分はどれだけ

成長できる見込みがあるかを

自分なりに判断してみましょう。

判断の基準が分からない、という方に。

一番わかりやすいのは自分の成績を見ることです。

自分の感覚で判断するのではなく、

数値で物事を見る、ということは今後も必要

になるスキルでもあります。

自分の目線ではなくあくまで客観的に自分を

分析するのが大事です。

 

自己分析を終えれば大体どの参考書にすればよいか

絞れると思います。そうなったら次に取り組み方(計画)

を決めます。自分は候補の参考書を何冊か絞って

実際本屋に行って参考書を開いてみます。

そして問題数や解答解説を読む時間を考慮して

 

一日当たり何セクション(ページ)こなせるか、

また続けられるモチベーションがあるデザインか、

それを何月までに何周できるか、

 

などを自分の

頭の中で計算して、最終的に他の学習との

兼ね合いや見込まれる成長度合いを総合的に

評価し、1冊を選びます。

 

この方法を自分は受験生の最後の方にようやく

出来るようになりました。

意外と自分の感覚で学習する教科を決めていたので

数値をみて判断するということに慣れる必要がありました。

ただ、今までは英単語帳を5冊買うような計画性のない

受験生でしたが最終的に苦手な物理を詰めることで

予想以上の結果を出すことが出来た、という経験もあります。

少なくとも今参考書選びで頭を抱えている方は

この方法を実践してみてはいかがでしょうか???

   

東進ハイスクール北千住校

公式Instgram↓