「受験生」のイメージを掴む! | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 2月 14日 「受験生」のイメージを掴む!

 

こんにちはー!

担任助手の松井です。

   

今日はバレンタインデーですね!

私は昨年の今日、立教大学の入試を受けていました。

 

駅から大学までずっと人、人、人….で、

教室に入る前から圧倒されていたことを思い出します。

   

さて、2月も中旬に入り、私立大入試も本格化してきました。

   

前日担当の藤田もブログに書いていた通り、

 

今年の入試は、特にセンター利用試験で、

今まで以上に厳しいものとなっている印象があります。

   

入学定員の縮小に加え、

センター試験のボーダー上昇によるこの傾向は、

来年度以降も起こらないとは限りません。

   

つまり、今の新高3生以下の皆さんが実際に受験する時、

「今まで通り」という当たり前は通用しない可能性が高いということです。

   

最後のセンター試験となる来年度、

新しく大学入学共通テストが導入される再来年度以降、

   

今の自分の勉強量は、変わりゆく受験に対応できるものでしょうか?

   

しかし、「やばい」とは思っていても、

なかなか行動に踏み出せないのが本音だと思います。

   

そこで皆さんに提案するのは、

 

「まず『受験生』というイメージを掴むこと」

 

です!!

   

・受験勉強を始めるのはいつ頃からがいいのか

・まずどうやって勉強を進めていけばいいのか

   

といったおおまかな「受験生」像から、

   

MARCHに合格するためには1日にどのくらい勉強すればいいのか

歴史はいつまでに1周しておくべきか

数学Ⅲに手を付けるのはいつ頃からか

   

このような具体的な「受験生」像まで、

   

早くから情報を集め、自分の勉強計画目標が見つけられている人は、

新学年スタートの時点で周りと差がつきます。

   

それでは、このような情報は、どこで集めればいいいのでしょうか?

 

ぴったりのイベントがあります!!

   

———————————————————-

*合格報告会*

 

・初回は2/27(水)20:00~@4F広い自習室

・計10回程度を予定

   

今年実際に受験を経験した先輩方の貴重なお話が聞けます!!

自分の興味文理系に関わらず、必ずためになる会です。

 

まずは今年の基準を知って、これからの自分の受験勉強を計画してみませんか?

ご参加お待ちしてます!

 

———————————————————-

   

そして、まだ受験が続いていく皆さん。

 

周りの結果に左右されず、自分が必要な勉強をそのまま信じて続けてください。

 

最後まで応援しています!

   

Twitterでも情報を更新中↓

 

過去の記事