「受験生」という言葉の多面性 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2019年 2月 3日 「受験生」という言葉の多面性

こんにちは!

担任助手の五井です!

最近は就活で様々な企業のインターンセミナーに行っています!

企業理念組織形態

企業のいつもは見えない部分がたくさん見えてきます。

一つのもの、ことを多角的に見えるようになることはとても面白いです。

今まで真正面から見て正方形だと思っていたものが、

ちょっと斜め上から見たらサイコロのような立方体だった時、

正方形だと思っていた自分の考え方は一変します。

そして、今まで知っていた「自分」も

新しく変わっていく起点になります。

今、私の中にはその感覚が「受験生」という言葉にも起こっています。

 

今、高校3年生の「受験生」。

センター試験が終わって既に一般受験が始まりつつありますね。

今の皆さんに必要なのは「自分の努力」を信じる力

ここのブログでもたくさんの担任助手が

今の高校3年生に向かってエールを送っています。

それを糧に最後まで全力を出してください。

 

今、高校2年生の「受験生」。

もうセンターまで1年を切っていますね。

受験の日は刻々と迫っています。

今日は受講をしましたか?

修了判定テストはSS取れていますか?

高速基礎マスターはやりましたか?

一日の基準を定め、着実にやり込むこと大切です!

 

そして今、高校1年生の「受験生」。

初代新テスト学年の皆さん。

テストに加えて、自分の将来に対して

不安を感じている人もいるかもしれません。

まずは一歩踏み出してみましょう

講座一コマ目を受け始める。

高マスを1ステージだけ進めてみる。

興味のある大学に行ってみる。

全てが新しい皆さんは、何を始めるかも自由です。

だからこそ色んなもの触れてみて下さい!

 

ここより下の学年の皆さんも、

受験を目指したその日から「受験生」です。

 

受験生」という言葉一つを取ってみても、

その心情、志、今やるべきことはそれぞれ異なります。

つまり、もっと細かくすれば、

皆さん一人一人にやるべきことがあるはずです。

それを知るためには「受験生」である皆さんは

自分」を多面的に分析してみてください!

自分の出来るところ出来ないところ

それを知れば新しい「自分」が見えてくるはずです!

   

東進北千住校公式Twitter↓