「こんな解法思いつかないよ!」という数学の悩み | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2016年 7月 8日 「こんな解法思いつかないよ!」という数学の悩み

 

 

 

こんにちは!

担任助手の髙梨です(・ω・)

と言っても私の事知らない方も多いのではないでしょうか…。

簡単に自己紹介をしておきます。

東京理科大学工学部経営工学科4年の

髙梨英里香です。

就活の間校舎にいなかったのですが、

今後はちょくちょく校舎にいるので、

よろしくお願いします!!

 

本日は私髙梨が数学について話をしたいと思います。

生徒から数学の質問を受けているとよく

「こんな解法思いつかないですよ~。

どうすれば難しい問題も解法が思いつくようになりますか?」

と言われることがあります。

この質問に対する私の答えは

「とにかく様々な種類の問題をマスターする」

です。

 

数学が得意な人は難しい問題もすぐに解法にたどり着けるか

と言ったらそうではありません。

むしろ

数学が得意な人ほど1つの問題に対して様々な解法を繰り返し試しているはずです。

数学は目の前の問題に対して、

今まで自分が解いてきた問題の中で似ているものを探し出し、

その時に使った解法を目の前の問題にも当てはめてみる、

上手くいかなかったら他の解法を考える…

これらを繰り返すうちに真の解法にたどり着くものです。

ということは、頭の中に様々な解法パターンが入っている必要があり、

そのためには様々なタイプの問題に触れておき、

「1度解いた問題は絶対解ける」

という状態を作っておくことが重要です。

 

「難しい問題がなかなか解けないなー」という人は、

まず基本レベルの問題で抜けがないかを確認してみてください。

学校の問題集の基礎問題を一通りやるも良し。

数学計算演習を完全修得するも良し。

(数学計算演習の方が問題集をすべてやるよりも効率的に復習できます!)

「基本レベルは完璧なんだけどなー」という人は、

難しい問題のやり直しをするときに

解説を見ないで解答を再現するように習慣づけてみてください。

少しずつ数学に関する知識が増えていくはずです!

 

【明日の校舎状況】

使用不可

4階広い自習室 19時30分~20時30分

3階中等部 20時~21時

その他終日使用可能です。

最新記事一覧

過去の記事