※勉強がつらいときには | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 8月 26日 ※勉強がつらいときには

 

こんにちは!

担任助手3年の金子です。

 

今日は、

勉強がキツくなった時の対処法について

書いていきたいと思います。

 

主に高3生向けに書いていきますが、

高校2年生も読んでみてください。

 

一番つらいと思う瞬間は、

①成績が上がっていないとき

②何をやればいいかわからないとき

に大きく分類されるのではないでしょうか。

 

それぞれの対処法について書いていきます。

 

①成績が上がっていないとき

 

(ⅰ.前の模試と比べて成績が上がっていないとき)

「自分の課題は?」という問いに答えられるようにしよう。

自分の弱点がわかっているかどうか、で大きな差が出ます。

自分の失点パターンを確実に押さえていくこと。

センター過去問演習講座の「大問別演習」なら、

視覚的に弱点がわかりますね。

 

(ⅱ.まわりと比べて伸びが少ないとき)

「自分の課題」がわかっている場合でも、

なかなか伸びないとき。

課題によって埋める時間が変わってくるのは当たり前。

すぐに結果が出なくても、

正しい方法正しい量だけやれば、

必ず結果は出てきます。

 

②何をやればわからないとき

課題がわかっても、材料が見えないときもあると思います。

まずは課題把握ができているだけで、

他の受験生よりは一歩リードしています。

教材などは先輩に聞くのが一番です。

色々な担任助手の体験談も参考になるはず。

 

今回は以上です。

参考にしてみて下さい!

最新記事一覧

過去の記事