【年間】黄金比スケジュール | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 3月 3日 【年間】黄金比スケジュール

こんにちは!

担任助手2年の金子です。

 

国立入試から早くも

1週間が経ちましたね。

あと5回このサイクルがやってくれば、

(5週間経過するので)

来年の入試までの10%

経過したことになります。

(1年は約50週なので)

 

「なんだ、まだ10%か」

「もう10%過ぎたのか」

感じ方は人それぞれだと思いますが、

事実、残り時間は少なくなっているんです。

それを皆さんに伝えたいわけです。

 

そこで僕は考えました。

「学習内容の黄金比」

とは何か。

 

ここからは、年間のうちどのくらいの量を

何に割くべきか、を書いていきます。

————————————

残された時間はあと1年。

大学の過去問には30%くらい欲しいところ。

センター過去問には20%くらいでしょうか。

ここまでで1年の半分は消費します。

(実際はもっと過去問に時間を使う人もいます)

 

残るは50%です。

そのうち、理科社会のインプットに20%

浪人生の理社のアドバンテージを考えれば、

このくらいが妥当かと思います。

 

さらに高度な概念理解10%

 

あとはセンターレベルに

挑めるようになるまでの最終調整として、

全科目の応用問題の演習

10%くらいは必要でしょうか。

 

最後に残りの10%を何に使うか。

答えは

「英語のメンテナンス」

です。

 

当たり前ですが、英語は言葉なので、

使わなければ使えなくなっていきます。

感覚が鈍らないように、定期的に長文を読む。

そのためにも、高速基礎マスターが

英文法まで終わっていないなら、

どんなに遅くとも3月中に終わらせる。

 

いかがでしたか?

これを参考に、プランを設計してください。

あとは、それを実行するのみ。

頑張りましょう。

 

東進北千住校公式Twitter↓