なぜ合宿に行くのか | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 8月 15日 なぜ合宿に行くのか

こんにちは! 担任助手2年の金子です。

今回のテーマは 「合宿」です!

少しアバウトすぎるので、 「合宿で感じた思い」 とします。

合宿に行っていない皆さんに、 合宿の概説をすると、

合宿の目的は、勉強を題材に 「課題解決とは何か」 を考えてもらう場だと思っています。

合宿では、 1日に3回ほど授業があります。 普段の勉強と同じで、 授業後には必ず確認テストがあり、 夜にはクラス学習があります。

クラス学習とは、班の人たちと 将来のプランや志について 話し合い、磨き上げる時間です。

どうすれば点数が上がるか、 どうすればキャリアを描けるか、 答えのない問題に対して 真剣に向き合うのが合宿です。

今年の夏期合宿は、 H1クラスに参加しました。 講師は今井先生。

勉強面では、音読の重要性を ひしひしと感じていました。

途中で弛んでしまいそうになる生徒を 時に喝を入れつつ、 引っ張るのはかけがえのない経験です。

これを読んでいる皆さんに伝えたいのは、 勉強でも、将来の夢でも、 ピンと来るまで動き回る重要性です。

自分の班・クラスから 1人でも将来活躍する生徒が 出ることを祈って。

過去の記事