夏イベントと隙間時間の有効活用! | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 7月 31日 夏イベントと隙間時間の有効活用!

こんにちは。担任助手の中田です!

昨日は隅田川の花火大会でしたね!私も行こうと思ったのですが、あいにくの雨に傘を忘れるという大失態を犯してしまい結局見ないで帰宅しました…

せっかくの花火大会に行けずにがっくりしていたところ、井野担任助手から地元の花火大会の写真が送られてきました!それだけなんとも言えない「夏!」という感じがしましたね。

ちなみにこちらがその写真です。

とてもきれいですよね!

さて、それでは本日の本題に入って行こうと思います!

【夏も空き時間の活用!!】

テーマからもわかるように夏も大事なのは隙間時間の有効活用!

移動時間に単語をやるとかはもう受験生として当たり前のことなので今回は思いイベントの有効活用についてお話しします。

最近朝登校者の数が減っています。先日、武市担任助手のブログにあったように朝来ることによって勉強時間が確保されるというメリットがあります。では、なぜ塾でやるのでしょうか?よく生徒から家でやっているという言葉を聞きますが、本当に塾と同じように朝6時半から勉強を始めて15時間集中して勉強できているのでしょうか。

どこかで自分に負けて寝てしまっていませんか?今日はいいやと思っていませんか?

そういう生徒にはぜひ東進に登校してください!!

理由は明白!

東進に来れば朝から勉強ができる!眠くなったらイベントに参加しましょう!

このイベントというのはメリットの塊のようなものです。

まだ完全に起ききっていない体に脳を使わせて起こす数学演習会

同じく冷めていない体に発声することで起こす朝音読会!

疲れて集中力が切れ始める時間にやる発音・アクセント練習!

帰る際に気が緩みかけている生徒にもう一度集中してもらうリスニング会!

このイベントの共通点は生徒が自分ではあまり対策していないが、やったらすぐ伸びる、そして空き時間の有効活用になっているところです。

一日15時間勉強することが目標になっていると思いますが、もちろんずっと集中することはとても困難だと思います。そこでイベントを有効活用してほしいのです。

このイベントの時間設定は先ほども述べたように生徒の集中力が切れやすい時間を狙って組んであります。

その時間にイベントをすることによってただの休憩時間を過ごすのではなく、より有意義に過ごすことができます。イベントといってもそこまで堅苦しいものではなく全然友達と参加できます!

ということは…ただの休憩が友達と一緒に過ごせてかつ勉強もできてしまうという素晴らしいメリットがあります。

ただ、先ほどすぐに伸びるといいましたがもちろん一回や二回参加しただけでは伸びません。

継続は力なり

という言葉があるように続けることがとても大事です!なのでもう八月も近いので気持ちを切り替えてイベントを有効活用しましょう!

【明日の勤務者】

廣川・大野・富永・湯谷・谷中・山本・中田・森川・荻原・趙

 

過去の記事