部活と受験勉強の両立の仕方① | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 5月 30日 部活と受験勉強の両立の仕方①

今年も高3の部活引退シーズンがやってきました。

1年前の自分を思い出してしみじみしています、山本です。

私はバレーボール部に所属していたのですが、

去年の4月に部活で怪我をしてしまい 膝に重装備を抱えながら東進に来てたんですね…(笑) 引退試合も近かったので焦りました… 怪我には本当に気を付けてくださいね!

ということで、今日は部活と受験勉強の両立の仕方についてお話しします!

部活生には時間がない。

これは部活生が身をもって実感していることだと思います。 私もそうでした。 周りは受験モードで放課後も勉強。 自分は土日も部活。

さすがに危機感もわいてきます。

他の人より時間がない、それなら、自分で時間を作り出すんです。

私は平日は部活があっても6時半頃には東進に着けたので、6、7限を使って受講を進めました。 家に帰るとすぐ寝てしまうのがわかっていたので、閉館まで残って勉強することが多かったです。

つまり、部活中心の生活のうちに生活のリズムを確定してしまうことが大事です。

引退後は今まで部活に当てていた時間を勉強に当てることになります。 生活のリズムがもうできていれば、引退後、部活の時間をそのまま勉強に当てることができるのです!

私の場合だと、引退してからは前より2時間早く東進に来て、前より2時間多く勉強することができました。

また、量より質を心がけてください。

そのためには今自分が何をすべきなのかを明確化することが大事です。 練習もそうですよね? 1つのプレーを上達させるためにはどこを鍛え、どのような練習をしたらいいのか……など。 今のは運動部で例えましたが、どんな部活でも同じです。

目の前のことに目標をもち、そして今やるべきことを考えてみてください。

高3生、最後は思い切り部活を楽しんでください。 完全燃焼して、受験勉強に繋げましょう。

高1、2生は新しい代になり、今より大変になるためその分勉強に当てられる時間も限られます。

早い内から、少ない時間でいかに効率よく勉強できるかを考え、毎日勉強する習慣をつけましょうね!

【明日の勤務者】

AM:谷中、吉井

PM:三室、カネコ、中田、五十嵐、小口、小林、山田、板橋、野部、仙波

【明日の教室利用状況】

全室終日利用可